共同ブログ

一例:好きなことに関われて、弱点が不利にならない仕事って?

オンラインゲームに夢中になりすぎて社会生活に支障をきたしている、ネトゲ廃人と呼ばれる人のイラストです。

「従業員の半数がフリーターや引きこもり経験者、上場企業で起きた人材再生の奇跡」
http://diamond.jp/articles/-/152913

・ゲーム好きにとっては、ゲームに関われる夢のある仕事。
・バックグラウンドを重視しない、選考も年齢制限もない。
・根気さえあれば続きそう。
・オタクばっかりでコミュ力なくても問題なし。
・上場企業に就職で一発逆転のチャンスがある。

ゲームなどのバグ探しの仕事です。
こんなことがビジネスになって、しかも一見仕事に向いてない人を雇入れて成功させているとは驚きです。

会社のHPをのぞいてみましょう。
http://www.digitalhearts.co.jp

ふむふむ、全国に拠点があって、関西では大阪、京都に支社があります。
随時アルバイトのテストプレーヤーを募集しているようです。

大阪の場合、時給909円。
交通費一部支給。
社会保険完備(加入条件を満たしていれば)。
週3日からで、週5日できる方大歓迎とな。
9:00~20:00の間で7h~8hの勤務が基本。
服装や髪型は自由。
派遣とかじゃなくて、直接雇用ですね。

会社のHPからは、記事にあるほど、ざっくばらんって感じじゃありません。
ずっとカチっとした感じです。
どっちを信じるか、記事の方を信じたいところですね。

僕自身は、ずっと前にひょんなきっかけで、ゲーム開発会社でこのような仕事をしたことがあるのですが、ゲームそのものに愛着がないため、おもしろいとは思いませんでした。
でも、向いてる人はいると思います。
一種の宝探しです。

2018年1月2日 火曜日 でがらし