共同ブログ

ひきこもりのお小遣い。個人的に絶対に外せないのは交通費と喫茶店代

空っぽのお財布を逆さまにして困った顔をしている、金欠の男性のイラストです。

親に小遣いをもらっている。
いるときに、少しずつというかんじで。
いい年したおっさんが、毎回まいかい、言いにくいんだけど。
大事なだいじな年金からせびるわけで、ほんとに情けないし、ほんとに申し訳ないって思うから。

何でそんなにいるの?

なんで、そんなにいるのだと言われるときがある。
それは自分でもそう思う。
でも、レシートをみつつ、よくよく考えると、やっぱりきっちり使っているのだ。
かなり切り詰めてやりくりしているんだけど。

交通費がけっこうな足かせ

一度、小遣い帳を付けてみたことがある。
もっと切り詰められないか、一番に何にかかっているのかといったことを考えるために。
それで分かったのが、僕にとって大きいのは交通費と交際費。
交通費は、関所で自動的にさっぴかれるような感じで、ぽーんと消えていく。
財布に5千円あっても、ちょっと都心まで出ると往復1,000円弱かかってしまう。
持ち金の2割近くがそれだけで消えてしまうんだから、たまったもんじゃない。
しかし、そのことに親は気づかない。
言ったところで、さほどの実感はない。
小遣いの額、交通手段、行動範囲が違うからだ。
ただ、これは理由として主張しやすいところがある。
伝わらなくても、反論のしようがないことだから。
※ここにメスを入れようと、10キロ、20キロ、走っていたときがある。
でも、あまりの不効率さに気持ちが萎えて、久しく走ってない。

喫茶店をもったいないと思うか、思わないか

主張しにくいのが交際費だ。
交際費といってもデート代というような意味ではない。
普通に喋ったりする場のコストだ。
うちのママンは、用が済んだらさっさと帰るようなメンタリティの人。
普段から、コーヒーにお金を払うなんてもったいないと言っている。
何でも高い、高いと言っており、喫茶店はその最たるものだ。
友だちと遊びに行くときでも、食事はいいが喫茶店はムダと思えてしょうがないらしい。
しかし、僕としては喫茶店代こそがとても重要なのだ。
だって、喫茶店以外でどこで話せばいいんだ?
公園か?そんなところで話しが弾むのか。
もし、雨が降ってたらどうするんだ。
食事は我慢できるが、ゆっくり話すのに、どうやって我慢しろというのだ。
だいたい相手がいることだし。
このへんは、話して分かるようなもんではない。
何に対して価値がある、もったいないと感じるか、心の財布の問題だから。

社会人はつらい

学生はいいなぁ。
だいたい、みんなお金もってないし。
使う額もしれてる。
大学生なら、キャンパスの中は物価が安いし、いくらでも喋る場所がある。
社会人になるとそういうわけにはいかない。
現実問題、喫茶店ぐらいしかないのだ。
だいたい、喫茶店代や食事代も払えないでは、まともに働いている人とは会えない。
それなら奥の手と、ずうずうしくもおごってくれとは根っからチキンの僕に言えるわけがないし。

これでデフレじゃなかったら

こういうご身分だから、つくづくデフレをありがたく思う。
まずはインフレにして、それから賃金を上げてという経済対策は、働いている人には有効でも、ひきこもりには迷惑な話だ。
インフレになって、なにかおこぼれにあずかれるならよいが、その可能性はとっても小さそうだからね。

こんなひきこもり支援があったらな

ひきこもり支援って、いろいろ聞くが、ひきこもりは状態であって、理由は個々人バラバラだ。
だから、ニーズもバラバラ。
だけど、なんとなく、ひきこもり=こんなかんじという先入観があるのか、支援と言われるものはそれほどバラエティーには富まない。
僕個人でいえば、人に会うコストを下げてもらえれば助かるのに。
すなわち、交通費と喫茶店代の支給。
もちろん、それが難しいのは分かってるし、僕だって言ってるだけで申請しようとはなかなか思えない。
それはそれで、激しい葛藤をともない、惨めな自分と向き合うことになるだろうから。

2018年5月1日 火曜日 でがらし