共同ブログ

無職ひきこもりでも、GWは気分が軽くなる。毎日が金曜日だったらな

「ゴールデンウィーク」という文字です。キラキラさせてゴールデンっぽくなっています。

ゴールデンウイークは気分が軽くなるもんだ。
それは、一年に一回の長期休暇を心待ちにしている、フルタイムの労働者だけじゃない。
ベテランひっきーの僕だってそうなんだ。

 

僕は囚人

こう鳴かず飛ばずだと、毎日が日曜日でも遊ぶ気にはなかなかなれない。
モンモンと一日を無為に過ごしているのは遊びじゃない。
そんなもの、いくら日数を重ねてもちっとも心が休まらない。

働く自由も、休む自由もない。
言うなれば、心の牢獄に入れられているような日々だ。

 

怒られてもしょうがない

なんてことを言ったら、長時間労働、キツイノルマ、不機嫌な職場の下にいる人たちに、この怠け者が!!と激怒されるかもしれない。
彼らからすれば、僕なんかほんとに腹立たしい存在だろう。

何ら言い返すことが出来ない。
彼らの日々の苦しみを想像すれば、あれこれ理屈を並べ立てて主張する気にはなれない。

僕と彼らではしんどさの種類が違うので、比べる意味がないと言えるが。
それでも、本当に偉いし、強いと思う。
対する自分は、まったく我ながらうんざり。
弱すぎる。

 

休日はウキウキ

普段の僕は、「僕は囚人」と「怒られてもしょうがない」を行ったり来たりしている。

どっちにしても、いい歳こいて無職でモンモンと過ごすのは物凄いストレスだ。
でも、世間が休日ムードに包まれると、そのことをあまり気にしなくて済む。

みんなも遊んでいるから、僕も多少は遊んでもいいやって素直に思える。
そればかりか、みんなが遊んでいるときだからこそ、何か生産的なことをしたくなる。

 

毎日が金曜だったら

GW、盆休み、年末年始はその最たるものだが、いつもの土日も同じような気分になる。
つまり、ウィークデーは気分が重く、ウィークエンドは軽くなる。
サービス業に従事している人が増えて、土日は出勤という人が多くなった世の中であるが、それでも土日=休みというイメージがあるので、こういうサイクルになっている。

いっそのこと、毎日が本当に日曜日だったらいいのになー。
そしたら、ずっとヒッキーでも、かなり楽なんだけど。
なんて、夢みたいなことを思ったりする。

それは無理でも、毎日が金曜日ぐらいだったら?
例えば、そんなに働かなくても食べていける社会とか、働からざるもの食うべからずという規範意識が薄い社会だといいんだけど。

う~ん、それでも日本に住んでちゃ無理だな。
僕が生きている間に、そんなことが実現するんだろうかって思う。

OECDの2018年のデータによると、日本の男性の有償労働時間(学習時間を含む)は、世界2位だ。
上にはメキシコしかいない。

元はExcelなんだけど、このサイトがグラフにしてくれている。
2014年ので1位になっている。

 

半人前以下

やっぱ、自分が変わるしかないのだろうか。
だったら、どんな風に?

好きこのんで、こんなに働いている人は、よっぽど仕事がうまくいっているような人ぐらいだろう。
これまでのことを思うと、自分がそんな特別な人になれるとは思えない。
かといって、強くなってバリバリ働けるとも思えない。

そうなると、現実的にはパートタイムで、やれる範囲でとなる。
でも、その半人前さにやる前から気持ちが萎える。
そう言いながら、それすらも出来ないでいるなんて、もう溜息しかでない。
ハハハ( ;∀;)

2018年5月3日 木曜日 でがらし