共同ブログ

「お昼です!」の決まり

取調室

「お昼です!」の決まりは、(1)詮索禁止、(2)批評禁止、(3)口外禁止、(4)話の独占禁止です。

(1)詮索禁止は、病気があるかとか薬何飲んでるかとか、親との関係、仕事への意気込みをあれこれ聞かないということです。
「体調はどう?」とか「仕事のことはどう?」とか「親との関係はどう?」とか漠然と聞くならいいですが、細かく聞くのは尋問みたいになるし禁止ということです。他の参加者のことではなくて、自分のことを話しましょう。
(2)批評禁止は、他の参加者の話したことや社会のことをあれこれ批評せず、自分のことを批評しようということです。
他の参加者の話したことや社会のことをあれこれ批評や分析や解説できるなら、自分のことを批評して分析して解説しようということです。
(3)口外禁止は、他の参加者の話したことを勝手に人に言わないということです。
「え? そのこと話した時、あなたは居なかったのに、なぜ知ってるの?」となるのを防いで安心して話すためです。
(4)話の独占禁止は、ダラダラ話さず、短くまとめて話そうということです。
結論を最初に言ってその後にその理由を付け加えて話してください。「結局何を言いたいの?」とならないように、大事な所はどこか考えて短く話してください。そして、少し話せば黙り、誰かが発言しようとしてないか気にしてください。

これが、「お昼です!」の決まりです。短くまとめると、「人にあれこれ聞かず、自分のことを短くまとめて話し、他の人の話したことは漏らさない」ということです。

2018年7月28日 土曜日 おいなり