共同ブログ

そもそも良い悪いって

無罪

自分の人生が良いか悪いかは、他人から決められるものじゃなくて自分で決めるものだと思ってるので、「自分の人生は他人から見て悪い」とか「客観的に悪い」とか考えなくていいかなと思ってます。
別に、犯罪を起こしてるわけでもないんだし。客観的って言っても、主観だし、文化によっても違うし。犯罪じゃなければどーでもいいかなと。
嫌な人を見て、「あの人みたいな人生にはならないぞ!」って思って、その人を反面教師にするのはいいし、かっこいい人を見て、「あの人みたいな人生になりたいな!」って思って、その人を目標にするのもいいけど、自分で自分の人生をダメ出しするのは、あんまり良くないかなと思ってます。
それが自分の人生の改善に繋がるならいいけど、ダメ出しによって「自分は駄目だ」とか言うだけになるなら、ダメ出ししても意味ないかなと思ってます。
「遊んでないぞ。真面目に考えてるぞ。真剣に生きてるぞ」ってことで自分で自分にダメ出ししても、それが自分の嫌な気分に繋がるならやる必要ないかなと思ってます。
だから、僕は、あんまり自分にダメ出しせず、「自分は駄目だ」よりも、「自分は最強だ」ってことを意識して思うようにしてます。「根拠のない自信」ってやつです。自惚れるようにしてます。「生活してる環境がいいからそう思えるだけで、実際には自分の能力は年齢不相応で異様に低い。かなり幼稚。」とか真面目に考えても、あんまりいいことないんでね。
僕はその自己暗示で、自分を洗脳して、心身ともに軽くして行動できるようになりました。
もちろん環境の影響もあるけど、それにプラスして、考え方の修正、空元気、根拠のない自信で、卑下せず、謙遜せず、かなり自信が付き、自己肯定感が高まりました。
ダメ出しNG、自己暗示最強。

皆さんにも、「自分を元気にする方法」はありますか? 自分に対するダメ出しとか、他人からの評価とか、自分に対する評価とかをどう考えていますか?
「お昼です!」の集まりで教えてください。

2018年8月1日 水曜日 おいなり