共同ブログ

投稿一覧:全て(573件)おいなり(573件) 題名一覧:全て

手伝いでお金

千円

ひきこもりから脱出する直前ぐらいの、買い物の手伝いは、人の目が気になるから、夜7時頃行ってました。
冷蔵庫に貼ってある買い物リストとお札を持って行ってました。
買い物リストには、飲み物や食べ物の商品名ではなく、種類が書いてあるだけで、価格は書いてませんでした。
「牛乳、納豆、卵、豆腐」という感じで。
1000円札が貼ってある場合、お釣りは200円ぐらいになりました。
そのお釣りは、返さず、僕が着服してました。
そのうち、「このお釣りを増やすにはどうすればいいだろう?」と考えるようになり、「価格が書いてないんだから、その種類の安い物を買えばいい」と気づきました。
200円の牛乳ではなく、150円の牛乳。
100円の納豆ではなく、60円の納豆。
250円の卵ではなく、200円の卵。
150円の豆腐ではなく、60円の豆腐。
など安い物を買いました。複数のセットで売ってる物は、1つだけの物を買いました。3つセットの豆腐は、1つだけの豆腐にするなど。
「業務スーパー」という安そうな店にも勇気を出して入り、安い物ばかり買いました。
あまりおいしくないけど、食事を楽しめる状態ではなかったので、全然問題なかったです。
お釣りが増えて、それを着服しまくり、自分の自由に使えるお金がどんどん増えていきました。
買い物は手伝いでやってたんですが、お金を増やすことができるから、「手伝い=苦しみ」ではなく「手伝い=楽しみ」でした。

皆さんの、「苦しみを逆転させて楽しみにした経験」があれば、「お昼です!」の会場でぜひ教えてください。

2018年10月12日 金曜日 おいなり

事実と評価

教授

哲学や文化人類学や法学などの入門書を読んでかなり良かった点は、「事実」と「評価」を分けることが大切だと理解できた点です。
「ひきこもった」っていう事実が即「悪い」っていう評価に繋がることを防いでくれてます。
その結果、冷静になり、嫌な気持ちにならずに済んでます。
「いい面も見てみよう」「評価は社会によっても違う」って思えるようになりました。
「相対主義」とも言うんでしょうか?
皆さんの心の安定方法を、「お昼です!」の会場で教えてください。

2018年10月11日 木曜日 おいなり

民家を借りる

大の字で寝てる

「お昼です!」とは別のひきこもり自助グループ「時計台」の集まりを開くために、「フリースペースSAKIWAI」の部屋借りました。
第29回 2018年10月21日 日曜日 午後1時から午後5時まで
第30回 2018年11月18日 日曜日 午後1時から午後5時まで
第31回 2018年12月16日 日曜日 午後1時から午後5時まで
良かったら来てください。

2018年10月10日 水曜日 おいなり

格安SIM

スマホ

ひきこもりの自助会に行ってた時、二次会にも情報を手に入れるために行ってました。
で、ある日の二次会で、スマホ操作してる人がいたから、僕が「スマホいいですね。僕は着信専用のプリペイド携帯です。スマホ高いから。」って言ったら、相手は「これ毎月500円しか掛からない。」って言いました。僕は意味が分からず、「そのスマホ使えないんですか?」って聞いたら、「ネットもメールも乗換案内も地図も見られるよ。」って教えてくれました。
で、僕は「500円でそれだけ使えれば十分だ!」と思ったんですが、本体代のことを考えるのを忘れていて、ちょっとガッカリし、「本体高いですよね?」って聞いたら、「中古で買ったら安い。」って教えてくれました。
僕は、超ビックリして、「詳しく教えてください!」って言って、あれこれ詳しく教えてもらいました。
1.通話はできないけどネットは使えるサービスを利用する。
2.ヤフオクで業者から中古スマホを買う。
これを聞いて、僕の頭の中、大激震が走りました。「天変地異が起こった!」と思いました。ホント、「そんなことあるのか!」って、めちゃ衝撃を受けました!
「スゴイ裏技教えてもらった!」って感動しました。
で、僕もヤフオクで業者が売ってる中古スマホを買い、ネット専用のサービスを利用して、スマホを使い始めました。
中古スマホは6000円ぐらいでした。ネット専用のサービス(データ専用SIMカード)は月500円。ビックリするぐらい快適で、自分の人生大幅に良い方に進みました。
今は、月500円とかの安いサービスは流行してますが、僕が教えてもらったのは、流行前だったので、ホント、「神からの啓示かな?」って思いました。「福音だ!」って思いました。
で、会う人会う人に「僕のスマホ月500円!」って言いまくりました。
「みんな知らないんじゃないのか? 知らないのは不幸。言わないのは罪。言わなきゃ!」って思って、言いまくりました。
教えてくれた人の顔とか名前とかはもう忘れましたが、たぶん神の化身です。

2018年10月9日 火曜日 おいなり

見た目問題

肌荒れ

ひきこもりから脱出して、ひきこもりの支援団体(サポステとか居場所とか自助グループとか)の利用者に誘われて、ひきこもりのイベントに行きだした頃、ひきこもりのイベントじゃないけど、ひきこもりと同じ弱者のことを扱ったイベントにも誘われて行ったことがあります。
ひきこもりは社会的に弱者ですが、弱者はひきこもり以外にもたくさんいます。
で、そのイベントで、いろんな弱者の人が出てきて、自己表現するんですが、結構感動しました。
「へー、社会にはいろんな人がいるなあ」って思いました。テレビや新聞などで、そういう人の存在を知っていましたが、実際に目の前で見て、声を聞いて、その表現を鑑賞するのは初めてだったので、雰囲気も感じられてかなりリアルで、思いっきり心に響きました。
一番心に響いたのは、「見た目問題」とかいう問題を持った人の、演劇でした。
「見た目問題」っていうのは、顔に腫瘍があったり、やけど跡があったりで、あんまり人に顔を見せられない問題のことなんですが、僕はそういう問題があるってことを知らなかったので、その演劇を見たときはかなり衝撃を受けました。
しかも、その演劇は、見た目問題で苦しむ人の気持ちとか思いとかを表現したものだったので、「結構困ってるんだなあ」って思って、感情移入しました。
演劇、一人芝居なんですが、その質はかなり高く、思いっきり引き込まれました。
「相手がそういう問題を持っている人だから、同情していい評価をする」とかじゃなくて、純粋に質がかなり高かったです。声とか動きとかがめちゃリアルで、思いっきりそういう人の気持ちを表現できていたと思います。かなりそれは伝わってきたし。
そのイベント、大阪の高槻市ってところの「富田ふれあい文化センター」でやってたものなんですが、ホント、行ってかなり良かったです。誘ってくれた人を、「神かな?」って思いました。
皆さんの、ビックリしたこと、感動したこととかあったら、「お昼です!」の会場で教えてください。

2018年10月2日 火曜日 おいなり

筋トレ

ダンベルを使った筋トレ

最近は筋トレをしてます。道具を使ったほうが楽しいから、ダンベルなどを使ってしてます。思いっきり楽しいです。
さらに、筋トレしてるユーチューバーの動画を見て、「かっこいいなあ」と憧れてます。
中間目標は、筋トレしてるユーチューバーみたいになることで、最終目標は、三島由紀夫みたいになることです。
「男が自分より強い男を目標にして頑張る」って、めちゃめちゃカッコいいです。
男=強さ=筋肉。
ダンベルとフラットベンチとプッシュアップバーとアブローラーとクッション

2018年10月1日 月曜日 おいなり

僕の嫌いなタイプ

エクトプラズム

衝動的に行動する人とか、気分屋とか、メンヘラーとか、僕の嫌いなタイプは、行動や気分が安定しない人です。
「変わった趣味を持ってる」とか「性格が暗い」とか「パーティー好き」とかは別にいいけど、こういう人間の根本が安定しない人は、人と問題を起こすから僕はかなり嫌いです。
人と問題を起こし、ギャーギャー騒ぎ、人を疲れさせるプロ集団。
よっ、ヤバイ奴!

2018年9月30日 日曜日 おいなり

どっち?

混乱する

A「一人3000円の料理のコースでいい?」
B「うん、いいよ。」
A「あと少し出したら豪華になるみたいだったから、3800円のコース申し込んだよ。」
B「豪華なのいいねえ。」
A「だから、一人あと800円払って。」
B「えっ?」
A「料理食べるんでしょ?」
B「3000円で3800円のを食べるんだよね?」
A「そんな訳ないじゃん。あと800円の人数分、誰が払うの?」
B「Aさんが払うんじゃないの?」
A「そんなアホな。みんなお金ないの?」
B「あるけど。」
A「それじゃあ、はよ払って。」
B「3800円のコースはAさんが勝手に申し込んだんじゃないの?」
A「食べるんでしょ?」
以下延々と続く。

皆さんは、AさんとBさんのどっちのタイプですか?
僕はBさんタイプです。僕はAさんみたいな衝動的に行動する人は苦手です。こういうタイプの人は、周りを振り回します。

2018年9月29日 土曜日 おいなり

「壮絶な経験をされて…」

土下座

ひきこもり問題を扱うイベントに行った時、参加者同士の交流時間があり、そこで、ひきこもりに関心があり参加してる中年男性が、僕に対して「『ひきこもり』という壮絶(凄絶のこと?)な経験をされたんですね」と言いました。
僕にとっては「ひきこもり」は別に壮絶な経験ではなく、ちょっとふざけた経験。いじりネタ、面白いネタ、珍しいネタ、お笑いネタみたいな、軽いものだと思ってたので、深刻に言われて、かなりビックリしました。
恐縮しました。「何かふざけた経験ですみません」って気持ちになりました。
「アル中とかヤク中から更生しました」とかなら、「壮絶な経験」っていうのも分かりますが、僕にとっては「『ひきこもり』って…、お前ずっと寝てただけやろ!」って感じです。
さらに「壮絶な経験をされて、教訓とか、他のひきこもりの人の助けになるようなアドバイスみたいなのがあったら、教えてください」とか言われて、さらに「ふざけた経験ですみません」って気持ちになりました。
で、一応「親との関係の回復」とか言っときました。そうしたら、「うんうん」とかなり深くうなずいて、「そうですか。ありがとうございます。経験をされたかたの言葉だから、重いですね」と言われました。
僕は「参考になったならいいけど、何か僕のほうが重いわ」って思いました。
皆さんは、人から「壮絶な経験をされて」とか言われたらどんな気持ちになりますか?

2018年9月28日 金曜日 おいなり

いつもニヤニヤしてるのは

ニヤニヤ笑う

僕はいつもニヤニヤしてます。これは癖です。
家の中でもニヤニヤしてます。一人でもニヤニヤしてます。
で、独り言も言うんですが、独り言は人前でするとヤバイので、人前ではそれは抑えています。
いつもニヤニヤしてるから、真面目な場面ではちょっと怒られることがあります。「何が面白いねん」とか言われます。別に何も面白くないんですが、ニヤニヤ笑ってしまうんです。抑えようとしても、抑えきれずにニヤニヤ笑ってしまうんです。
自分の世界に入る癖が原因だと思います。
一人の時の独り言の内容は、「やっぱり、革命しかないな」「究極の品」「最強の物だ」とかです。

まあ、でも冷静に考えてみると別に問題ないですね。他の人も、ビデオゲームしてる時とか、映画見てる時とか、一つのことに没頭してたら独り言も出ますよね。社会的に地位がかなり高い訳でも、笑ってはいけない職種でもないから、ニヤニヤもそれほど大きな問題ではない。

大した問題でもないことを、「大変だ。ヤバイ」とわざわざ考える必要はないですね。センチメンタリズムっていうか、感傷主義ですね。

そんなことは気にしないマッチョ精神で頑張ろうと思います。

2018年9月27日 木曜日 おいなり