共同ブログ

投稿一覧:全て(563件)おいなり(520件)でがらし(43件)

私の今

男3人の仲間

私は、今は長期のパートで働いています。
別に人間関係に問題もないし、会社を辞めたいとも思っていません。
悩みは特にありません。
自分にとってはもう回復してると思ってます。
だから、本当は、自助グループに行く意味ないです。
行ってるのは「お昼です!」だけですが、それは運営者として行ってます。
毎日楽しく毎日充実してます。
だから、運営を変わってもらえるなら変わって欲しいです。
運営者も募集します。
運営っていうのは、部屋の開け閉めのことです。

2017年12月27日 水曜日 おいなり

投稿したい人

お辞儀するネクタイメガネ男子

このブログに投稿したい、「お昼です!」参加者はいないですかね?
文字にしたら結構気持ちを整理できていいです。
私もその効果を実感しています。
回復に向けて頑張るいろんな段階の人の投稿があれば、それぞれの段階の人が自分の回復の参考にできるだろうし。
頼み事を断れない人もいるかもしれないんで、会場で個別に誘ったりはしませんが、会場でも全体に軽くちょっと説明しますね。

2017年12月27日 水曜日 おいなり

暗黒時代

悪夢を見る人

私にとってはひきこもり時代は暗黒時代です。
変わらない毎日に希望も持てませんでした。

今が何月かも分からず、かなりしんどかったです。
仕事もしてなくて、人とどこかに行くこともしないから、今が何月何日の何曜日かということも、忘れるんです。
それに、覚えていたら、時間が無駄に過ぎていってることを実感して、気持ちが滅入ります。

ひきこもっていた時は、昼夜逆転してました。
昼夜逆転していても、親に起きてることを知られないように部屋の電気を消して、パソコンの画面の明るさを最小にして、その状態でパソコンをしてました。
インターネットで都市伝説や凶悪犯罪のサイトを見てました。あとは寝てることが多かったです。

ひきこもってると刺激がないので、そういう怖いサイトを見て、自分に刺激を与えてました。ひきこもってると頭がボーッとしてるけど、そういう怖いサイトの文章なら読めました。

皆さんは、ひきこもっていた時にどんなことしてましたか?

2017年12月27日 水曜日 おいなり

ひきこもりに戻らなかった理由

ヤンキーが更生して好青年になった

  • 根気強さ
  • 協調性
  • 気持ちの切り替え

こういう能力がなかったからひきこもったんですが、ひきこもり脱出した時に考えたのは、「諦めること」。
子供の頃は、「あれ嫌だこれ嫌だ」って駄々をこねたりしますが、大人になると、「こういう現状なのは仕方ないかな」とある程度諦めて・妥協して、物事に取り組んで行きますよね。そういうのを思いました。
ひきこもり脱出は、親にサポステへ連れられて行ったことがきっかけなんですが、そこの利用者は20代前半が多かったです。私はその時は20代後半で高齢者。「もう『あれ嫌これ嫌』言える年齢じゃないな」って思いました。そして、「せっかく支援機関に繋がったんだから、ちゃんと活用して回復したい」「またひきこもって重症化・長期化したくない」って思いました。
で、そういう諦めることで、サポステに何度も通って、スタッフに近況報告もして、利用者との交流もしました。諦めることが、ひきこもりに戻らないための行動に繋がりました。
その行動の中で、上記の3つは「他のことで補う」「違う方法を使う」ことで対処しました。

  • 根気強さは、日記を書いてそれを振り返ることによって「意味あること」「大事なこと」と思えるようになり、少しは身に付きました。
  • 協調性は、「雑談が苦手ならテーマを決めて話せばいいし、その場でお礼を言えなかっても後日でも言えばいいし、話を聞いてそれに何か言わなくても頷くだけでもいいし」って思うようにして、「完璧にはできないから全部諦める」のではなくて、「できる部分は諦めずにちゃんとする」ようにし、少しは身に付きました。
  • 気持ちの切り替えは、「小さなことでもうまくできたこと」を日記に書いたりネットに書いたりサポステスタッフや利用者に言ったりして自信をつけ、嫌なことが起きても「そんな嫌なことばかり起きるわけではなく、楽しいことも待ってる」って思えるようになり、少しは身に付きました。

皆さんの「ひきこもりビフォーアフター」を教えて下さい。

2017年12月26日 火曜日 おいなり

ひきこもった原因

ふさぎ込む人

皆さんはどういう能力が足らなかったからひきこもりましたか?
私は、

  • 物事をコツコツ進めていく能力
  • 人と協調して物事に取り組む能力
  • 気持ちを切り替える能力

です。
めんどくさがり屋で、人と仲良くもしないし、嫌なことはずっと引きずるから、ひきこもったんだと思います。
めんどくさがってたら何も出来ないし、人と仲良くしないと助けてもらったりも出来ないし、嫌なこと引きずってたら気持ちも滅入る。こういうのが原因だと思います。
皆さんは、どんなのがありますか?

2017年12月26日 火曜日 おいなり

世間から馬鹿にされても仕方のない存在なのだろうか?

腕組みして悩んでいる男性

恋愛もセックスもしたことがない27才無職の精神病患者の僕は、世間から馬鹿にされても仕方のない存在なのだろうか?

最近は昼間でも寝ていることが多く、自分磨きもできていない。何度かハローワークに行ったが、受付でパニックになってしまい、何も出来ずに帰ってしまった。ひきこもりの人が集まるような場所が近くにあり、10回ほど通ったが、この1年はご無沙汰になってしまっている。皆、定職を持っていて、無職の自分が惨めに思えたからだ。そこからの事務的なメールはしばらく続いたが、今年の春先にはそれも途絶えた。

http://anond.hatelabo.jp/20171223203237

 

恋愛をしたことがない27歳無職の精神病患者さんへ

自分が居心地のよいネット上の場を探す
自分が努力しなくてもできることを伸ばす
家族に恵まれているという大きなメリット
引きこもりの人が集まる場に通い続けることが大事
http://blogos.com/article/267307/

 

一番目の文章を読んでいくうちに、「え!それが出来るって凄いやん」って激しく思った箇所があります。
でも、ご本人は、とてもそう思えないほど追い詰められています。

ただでさえ社会復帰できる見通しがまったく立たなくて焦っているのに。
事情も分からず叩いているネットの書き込みを目にするたびに、焦りに拍車がかかってしまう。
どんどん自信を失っていく。
自分にも覚えがあります。

2017年12月26日 火曜日 でがらし

インフルエンザ

「イナビル 吸入粉末剤 20mg」

インフルエンザにかかった。
A型のです。
初めての病院行ったら、診察料と薬代で4000円ぐらいでした。
体しんどいけど、しんどい分、余計なことを考えずに済んでます。
邪念が消えて、心がキレイになって、頭がハッキリしてるっていうか。
食欲ないのもあって、体も軽いです。気持ちも軽いです。

2017年12月25日 月曜日 おいなり

悩んでること ~食べ物編~

皿とナイフとフォーク

  1. 納豆は、ひきわりか小粒か中粒か大粒のどれ?…ひきわりが一番納豆菌多い? よく噛むのは健康に繋がるから大粒がいい?
  2. 牛乳は無脂肪か低脂肪か…健康を考えると無脂肪? でも満足感と健康のバランスを考えると低脂肪?
  3. お寿司に醤油をかける?…醤油は塩入ってるから、健康を考えるとお寿司にかける必要ない? さらに健康を考えるとお寿司よりもお米なしで、刺し身の醤油なしの方がいい?
  4. 豆腐は駄目?…豆腐は栄養を削ってるから、豆そのものプラス菌の納豆の方がいい?

私はサラダをドレッシングなしで食べ、納豆もタレなしで食べ、ヨーグルトも砂糖なしで食べます。皆さんは、どんな健康的な物を食べていますか?

2017年12月21日 木曜日 おいなり

高学歴ひきこもり

読書するメガネ男子

皆さんはどんな人に憧れますか?
私は、高学歴の人です。
東大、京大、一橋、北海道大、九州大とか偉い大学出てる人たちです。
高校は、偉い大学の付属高校とかで、小中は合体してるやつです。
ストレートで順風満帆に、高学歴街道、立身出世街道まっしぐらに進んできた人に憧れます。
一点の曇りも失敗もなく、常に強く上昇してる勢いのある人です。
いつも真剣味がなくヘラヘラしてナヨナヨしてる私とは対極なので、宗教の教祖=救世主のように輝いて見えます。
で、最近思うことがあります。「高学歴のひきこもりっているのかな?」ってことです。
私の中では、「高学歴」と「ひきこもり」のイメージは対極で、それが合体してる「高学歴ひきこもり」は想像できないです。
もしいたら、友達になりたいです。

2017年12月19日 火曜日 おいなり

ひきこもりは、脱出すべきものか? 安心してひきこもることも大事だと思う

雪が降る時期に土の中にひきこもり春を待つ男性

ひきこもりは、脱出すべきものか?
心置きなく安心して、ひきこもっている方がいい場合もあるはずだ。
自分がそうだと思う。

うまくいかずに、ひきこもってしまいがちがなのは、好奇心を満たせないことにあった。
自分が知りたいことを自由自在に調べる能力に欠ける。
それは、読み書きが苦手で、書物から情報をえたり、書くことで自己表現することがなかなか出来ないことからきていた。

まったく読めない、書けないわけじゃない。
だから、普通に生活はできる。
でも、それでは嫌なんだ。
せめて、新聞くらいスラスラ読めるようになりたい。
こういう欠点がどれほどのストレスになるかは個人差があるだろう。
僕の場合はものすごく感じる。
ほとんど、生きててもつまらないぐらいに。

いま思えば、小学生の頃から同じことで悩んでいた。
なんで出来ないんだ、なんでこんなに時間がかかるんだ、なんでこんなにしんどいんだ。
いつも何かに追われている感じ。

一言でいえば、僕はずっと焦ってきた。
この焦りをなんとか取り除きたい。
じっくり、腰を下ろして、ひたすら活字を追っていたい。
そしていつの日か、それなりに書ける読める自分になりたい。

つまり、ひきこもりを脱出することよりも、能力開発を主目的に、そのうちひきこもりを脱出したいというのが希望だった。
僕がまだ20代前半ならまだしも、こう思うようになったのは30代後半だから、常識的にはリスキーな選択だ。
でも、そういう性格なんだからしょうがない。

なによりも不可欠なのは焦らずに安心して没頭できる環境の確保だった。
自分の決意だけでは弱すぎる。
僕は弱い人間で、外野の一言に振り回されてきたのだから。
邪魔するような周囲のアドバイスは大きなお世話で、なんの役にたたない。
黙って、暖かく見守って欲しかった。

それで、サポステに行った。
一番のネックは家族・親なんで、サポステの人がこう言ってたということにして説得した(実際にはそうじゃなくても)。

担当者には、お世話になる最初の最初に、自分の状況とそこでの希望を書いて見せた。
それは、読み書きが上手になるまで安心して引きこもっていたい、そのために聞き役として精神的支えになって欲しいというようなことだった。
都合、二か所に出入りしたが、彼らは僕をさっさと働かせたいだけで、僕の言ってることを本気で考えていたんだろうかと思う。
だから、よくもまぁ2年も付き合ってもらったと感謝しつつも、正直いってその度合いは半分ぐらい。

僕だって、さっさと働きたいけど。
働くことも読み書きも、両立できるならとっくにしてる。
それに、人生の満足度を計るのは僕自身なんで。

結果的には、僕はひきこもり続けてよかったと思っている。
予想よりも遥かにたくさんの時間を失って、いろんな可能性を捨てざるをえなかったけれど。
自分勝手でいろんな人に迷惑をかけてきたので、大きな声では言えないけれど。

得るものは少なくなかった。
ある程度の読み書きの上達は成せたので達成感がある。
次は、この能力を使ってどうするかだが、そこが手探りなままでいる。

 


※原因を突き詰めて、それをどうにかしようとすることで、引きこもりが長期化してしまう可能性があると言われています。
実際、僕はこんなことで、なんだかんだ15年か20年ぐらい費やしました。
大した職歴もない40代後半、年齢的に言っても、この先まともに食えたり思うようなことで活躍できるようになる可能性は普通に考えるとまずありません。
しかも、なんとかうまくいったのは運だと思っています。
だから、このようなやり方を人にオススメするかというと分かりません。
僕は自分の欲求や性格上、こうするしかなったのでしたまで。
もっといいアイデアがあれば、もっとお金があれば、別のことをしたかもしれません。

2017年12月18日 月曜日 でがらし