共同ブログ

投稿一覧:全て(699件)おいなり(699件) 題名一覧:全て

年越しそばの製造工場

蕎麦

年越しそばの製造工場でも働きました。
袋に入ったそばつゆを出荷用の箱(コンテナ)に入れていくだけの仕事です。
1ヶ月ぐらいの仕事で、面接中に採用が決まりました。大量採用で、採用条件は「健康で、辞めないこと」です。
単純な仕事でしたけど、短期間だから良かったです。それに、朝起きて夜寝るという健康的な生活リズムに戻れるし、体も動かすから、社会復帰のためのリハビリみたいな感じで良かったです。

2021年1月6日 水曜日 おいなり

パチンコ台の部品の組み立て

パチンカス

パチンコ台の部品の組み立ての仕事もしました。パチンコ台の全部じゃなくて、一部の部品の組み立てです。電動ドライバーを使ってしました。
短期の大量採用でした。
作業内容は、流れ作業(ライン作業。コンベアに流して複数人が順番でする作業)でスピードが少し速かったですが、焦らなくても、量や配置の調整をしてもらえるので、楽しかったです。

2021年1月6日 水曜日 おいなり

アイスクリーム工場

アイスキャンディー

アイスクリーム工場での仕事もしたことがあります。
全然寒くなく、作業内容もかなり簡単です。
夏に、幅広い年齢の人が大量採用されます。2ヶ月ぐらいの仕事です。
作業内容は、袋に入ったアイスの箱詰めとか、アイスの目視検査とかです。
社員は若い女性が多かったです。

2021年1月6日 水曜日 おいなり

介護の仕事

ボケ老人

特別養護老人ホーム(特養)でバイトしたことがあります。
ひきこもりから脱して、あれこれ仕事した中の一つです。
特別養護老人ホームでは、認知症の人が多かったです。みんな車椅子でした。
認知症だから、コミュニケーションなんか取れず、暴言を吐いたり、廊下で服を脱ぎだしたり、薬を飲まずに吐き出したり、暴れたり、帰りたいと言い出したりする人がいました。
僕は最初の頃、「世の中には、こんな頭のおかしな人もいるんだな」と思っていました。
でも、その家族も見舞いに来て、その頭のおかしな人に「お母さん」「おばあちゃん」「お父さん」「おじいちゃん」と言ってる姿を見て、僕は、「僕が『頭のおかしな人』と思ってる人のことを、『大切な人』と思う人もいるんだ」と思い、ちょっと複雑な気持ちになりました。しんみりしました。
そして、その認知症の人の部屋をよく見ると、元気だった頃の写真が飾ってあるんです。
で、僕は「頭がおかしいのは、今だけの一時的なもので、元々は普通だったんだ。元々は普通の人だったんだ」と思いました。
「人間はこんなに変わるんだな」と思い、ちょっと人生や健康に対して怖くなりました。

2021年1月6日 水曜日 おいなり

脱ひきに最適の仕事

年賀状

ひきこもりから脱したばかりの時に最適な仕事は、年末年始の郵便局での年賀状の仕分けです。
僕もやったことあります。
自分と同じ時期に採用された人ばかりで仕分けします。大量採用です。年齢層も広くて、男女比も半々ぐらいでした。建物内での仕分けです。
全然、緊張感も集中力も体力も根気もコミュニケーション能力も要りません。仕事する時間も4時間ぐらいで、すぐに終わります。
一番簡単で楽な仕事です。

2021年1月6日 水曜日 おいなり

ひきこもりでも無限にお金を稼ぐ方法

千円

僕、ひきこもりがちょっと回復して外に出られるようになった時、家の買い物の手伝いをしてた。
冷蔵庫に親の買ってきて欲しい物(食品や飲料や日用品など)を書いた紙と、それを買うためのお金が貼ってある。
で、その商品の安いやつ(例えば、明治の牛乳じゃなくて、無名メーカーの牛乳)を買い、余ったお金を着服してた。勝手に自分の手間賃、お小遣いとして、自分のものにした。
で、「お金をもっと増やしたい。もっと買い物の手伝いをしたい」と思った。でも、それをどう実現したらいいか分からず、考えてたらいい方法を思いついた。
「買ってきてすぐに、それを8割食べ・飲めばいいんだ」と思った。ほとんど食べて飲めば、すぐにまた買い物の依頼が来る。
買い物の依頼→安い物を買う→余ったお金を着服→買ってきた物をほとんど食べ・飲む→買い物の依頼。これを繰り返せば、お金はどんどん貯まると思った。
で、それを実行したら、どんどん買い物の依頼が来て、頻繁に外に出かけた。「もっと安い物、もっと安い物」と考え、遠くまで出かけたり、閉店間際に行ったりした。
朝から遠くまで出かけて安い物を買ってくるから、汗もかきいい運動になって、買ってきた物を美味しく食べて飲めた。で、程よく疲れて、夜も気持ちよく眠れた。運動をしたから気分も晴れるし、お金は増えるし、最高だった。

2019年9月18日 水曜日 おいなり

ONとOFFのメリハリを勉強中な日々

VS

4日水曜日 この共同ブログに記事を書いていた。かなり自信ある!
5日木曜日 会社の仕事を効率的にするための道具を調べてた。仕事は楽してナンボ。それが仕事!
6日金曜日 アスキーアートを調べてた。「お昼です!」のソースに挿入した。
7日土曜日 会社の仕事を衛生的・安全にするための道具を調べてた。仕事はノーストレスでしてナンボ。それが仕事!
8日日曜日 なかやまきんに君さんのユーチューブチャンネルの動画を見てた。「男同士」が究極! 僕は勘違いしてた。「男には女」ではなく「男には男」だ! 前者は肉体的・動物的関係で汚れてる。後者は精神的・人間的関係で清らか。
9日月曜日 K-POPを聞いてた。何? 陰キャ乙!
10日火曜日 シバターさんの動画を見てた。シバターさん、最強すぎて面白い! めちゃめちゃ強い。

2019年9月10日 火曜日 おいなり

善が実現せずため息

ため息

「善が実現せずため息」ってのがあると思う。
「善い社会が実現していないことに、ガッカリする」ってこと。
「善いことは存在してよく、悪いことは存在してはいけない」って思うけど、その悪いことが存在することに落胆するってこと。
「完全な善い社会じゃなければダメ」って考え。

犯罪はないほうがいいし、暴力も貧困もないほうがいいけど、現実はそうではない。でもそれは、「現実はそうではないから、それでいい」っていう現状肯定ではない。法律も改正されたりして、徐々に社会は良くなってる。今すぐ完全な善い社会なんて実現できない。

だから、少し社会の良くない部分を見つけていちいち落胆・絶望するのは、くだらないと思う。

例えば、「高齢者に席を譲らない人がいる。ハァー(落胆)」ではなくて、「今度自分が意識して、高齢者に席を譲ってみよう」って考えたらいい。「日本は寄付文化が根付かない。ハァー(ガッカリ)」ではなくて、「今度自分が寄付してみよう」って考えたらいい。「街でゴミを捨てる人がいる。ハァー(絶望)」ではなくて、「今度自分がゴミを拾ってみよう」って考えたらいい。

道徳的潔癖症っていうか、道徳的な完璧主義っていうか、完全なものを求めると憂うつな気分になると思う。しかもそれが自分に向けば、自分で自分を「自分も完璧な善人ではない。ハァー(幻滅)」って思って苦しめると思う。

2019年9月4日 水曜日 おいなり

アマゾンは返品しまくれる

着払い

アマゾンは返品しまくれる。
マーケットプレイスのでも返品しまくれる。
返送料無料。着払いでアマゾンに送れる。
マーケットプレイスでは商品が届かなかった時のために、マーケットプレイス保証もあるし、アマゾン最強。

着払いの送り状(伝票)は、コンビニの店員に言えば無料でもらえる(ヤマト運輸の送り状がおすすめ)。コンビニでその着払いの荷物の発送も受け付けてもらえるし、コンビニに持って行くの面倒なら、自宅に集荷(サイトに備考欄があるから、ヤマト運輸がおすすめ)してもらえる。集荷の申込みの備考欄に「次回使うので、未記入の着払いの送り状をください」と書いておけば、持って来てくれる。

「アマゾン最強」と言ったばかりだけど、ボールペン1本とかはアマゾンでは売ってない。100円~300円程度の商品は売ってない。それは、ヨドバシカメラで売ってる。しかも、送料無料。

まとめると、「ヨドバシでは100円から300円程度の物を買う。アマゾンではそれ以上の金額のものを買う。アマゾンは返品をしまくれる。」です。

「アマゾン最強」は正確に言うと、「アマゾン&ヨドバシの組み合わせ最強」でした。

2019年9月4日 水曜日 おいなり

逆のことをすればいい

NO!

支援団体へ行ってた時、回復するためには「この場所に長期間来てる人の行動の逆の行動をすればいい」と思いました。
で、どうすればいいか見つけました。
1.自分がした行動にツッコミやダメ出しを入れず、自画自賛する。
2.社会批評をせず、自分語りをする。
です。
自分が何か少し行動したら、自分でそれを褒めることが必要だと思いました。自画自賛が必要だと思いました。
例えば、「バイトする」という目標があった時、求人を探したなら、まだバイトしてる状態ではないけど、「『バイトする』という目標に少し近づいた!」と思ってテンションを上げたらいいと思いました。「まだ求人探しただけで、バイトはしてない」と思ってたら、少しの行動もする気が起きなくなると思いました。自分の小さな行動に対する「真面目なダメ出し」より「単純な喜び」が必要だと思いました。
それと、自分が弱くても、政治のことは話さず、その弱い自分を出しまくってアピールしまくることが必要だと思いました。政治のことを語れば、強い気分になりますが、政治のことを話しても、「なぜそれをこの場所で話すの?」となります。支援団体は自分のことを話す場所だから、自分のダメさ加減もいいネタになるし、話せばその解決のためのいい情報をもらえるかもしれないと思って話すことが必要だと思いました。

2019年9月3日 火曜日 おいなり