共同ブログ

投稿一覧:全て(699件)おいなり(699件) 題名一覧:全て

休職後

指示する人

自分は、そのうち会社辞めて、ちゃんと眠れるようになったら、違う会社で働こうと思ってます。
で、また同じことが起きないように、「定時で帰る」だけじゃなくて、「自分がしないといけない仕事か」「任せられる仕事か」を意識して行動しようと思いました。
休職前の自分は、部下と上司の間の立場で、部下に指導し、上司に部下の分まで怒られてました。それが体調悪くなった原因だと思います。
会社に入ったばかりだと、自分の仕事だけすればいいですが、部下を持つようになると部下の仕事にも意識を向けないといけなくなります。で、部下が失敗しないように、手伝ったりしていくうちに、納期が迫って忙しいのもあり「自分がしないといけない仕事か」「任せられる仕事か」が分からなくなって、緊張が続く状態だったんだと思います。
次の会社では、今と同じような立場になった場合、納期が迫っていて上司から急かされても、ゆっくりゆっくりやって、「自分がしないといけない仕事か」「任せられる仕事か」を考えようと思いました。

2021年7月18日 日曜日 おいなり

漢方薬

漢方薬

最近、心療内科で診断書を書いてもらって、会社に提出して休職してます。
ちゃんと眠れないってのが症状です。で、漢方薬飲んでます。

で、思ったんですが、薬飲む人は2種類いて、(1)過労で飲む人、(2)自己喪失で飲む人。

前者の場合は、「自分はこうしたい」という考えを言えるが、後者の場合は、それが言えない。
それが言えると、「薬はそのための補助として使おう」と思えるが、それが言えないと単に「不安だ」ってだけで飲む。
前者の場合、「症状を治したい」と思い飲むけど、後者の場合「何々したい」ということが思えないので、延々と飲むことになり、中毒になりやすいと思った。

単に「不安だから飲む」じゃなくて、不安をなくして「何をしたいか」ということを考えないとヤバいと思った。
「これが正解ですか?」とか「あなたは私にどうして欲しい?」じゃなくて、「自分は」を意識するのが大切だと思った。

2021年7月18日 日曜日 おいなり

「働かないとヤバい」と誰かが言ったら

口論

例えば、ひきこもりの集まりで、ひきこもり歴1年の人が、「私は、1年もひきこもってたから、さすがにもう働かないとヤバい」とか言った時、ひきこもり歴10年の人が、「そうすると、私は10年ひきこもってましたから、ヤバすぎなんですか!?」と答えたとしたら、この答えおかしいです。
ひきこもり歴1年の人は、自分の価値観を言ってて、他人のことは言ってない。
「1年ひきこもってた自分はヤバい。そろそろ働こう」と言ってるだけです。その10年ひきこもってた人のことや、他の長期間ひきこもってた人のことは言ってない。
それを聞いた人は、「あの人は、『ひきこもり歴1年はヤバい』という考えなんだな」と思えばいいだけです。
「あの人はそう考えるんだな」って感じで、人の発言を捉えたら何も不安にならないし、怒りも湧かない。

2021年3月12日 金曜日 おいなり

長期バイトのストレス対策

ジジイの神

短期のバイトや短期の派遣で、仕事や職場での人間関係構築に慣れてきた頃、「長期のバイトをしよう」と思った。
でも、「長期間同じ職場にいるなら、ストレス対策を考えないといけないな」と思った。
短期のバイトや短期の派遣なら、その短期間だけ我慢すればいいけど、長期のバイトならそういうわけにもいかない。
で、対策として、強い自己肯定感を持てばストレスを受けても、自己否定するまでには落ちないと思った。
それまでの僕は、「自分はダメだ」というような自己否定感はないけど、「自分は最高」という気持ちもなかった。自己肯定感は普通のレベルだった。それだと、長期間ストレスを受けると、その普通の自己肯定感が、自己否定感まで落ちるかもしれない。だから、それを防ぐには、強い自己肯定感を持てばいいと思った。それを持っていれば、長期間ストレスを受けても、普通の自己肯定感まで落ちるぐらいで、自己否定感までは落ちないと思った。
で、それを実行した。朝起きてすぐから寝るまでの間、いろんな作業をしたり歩いたりしながら、ずっと頭の中で「(自分は)最高」とか「(自分は)神」とか「(自分は)カッコいい」とか唱えてた。
「具体的にどこがそうなのか?」ということは考えずに、抽象的に漠然と唱えてた。
それを毎日朝から晩まで頭の中で唱えてたら、強い自己肯定感を得て、最高に楽しい毎日になった。
ただ、副作用として、(1)楽しすぎて息するのが苦しい、(2)楽しすぎて真面目な場面でも笑う、(3)楽しすぎてなかなか寝られない、とかがあった。
今はもうそれによって強い自己肯定感を得たので、もう頭の中で唱えなくても、楽しい毎日を送れてる。副作用は今もあるけど。

2021年3月11日 木曜日 おいなり

ひきこもりのタイプ

タブレットで説明する女性

ひきこもりのタイプは4つあると思う。
「怠け」「生真面目」「過労」「自己偽装」の4つのタイプ。

怠けタイプは、「ダルいなー」が口癖。
生真面目タイプは、「しっかりしないとなー」が口癖。
過労タイプは、「・・・」(無言)で口癖がない。
自己偽装タイプは、「障害者さん、ホームレスさん」が口癖。

怠けタイプに必要なのは、厳しさ。
生真面目タイプに必要なのは、優しさ。
過労タイプに必要なのは、休息。
自己偽装タイプに必要なのは、自分の思い。

僕は、怠けタイプ。「ダルいなー」って思いはあったけど、「しっかりしないとなー」って思いはなかった。働きすぎた経験もないから、過労になったこともない。いい人に思われようと自分の考えを言わず、弱者を使って自己評価をあげようとも思わない。自己否定感もなく、「自分はダメだ」とか「死にたい」とか「消えたい」とか思ったこともない。悩みがない感じだけど、それでもダラダラしてたらひきこもってしまった。趣味がないというのも大きかったと思う。

2021年1月27日 水曜日 おいなり

年賀状の宛先入力とチェック

ハガキ

印刷会社で、年賀状の宛先をパソコンに入力する仕事もしてました。11月中旬から12月下旬ぐらいまでの仕事です。
お客さんが、年賀状のデザインを選んで注文するんです。そのデザインの年賀状の表面に宛先を印刷するために、お客さんの送る相手の郵便番号・住所・名前を入力します。お客さんの書いた手書きの紙を渡され、それをパソコンに入力するんです。
それと、印刷された年賀状のカスレとか汚れとかがないかチェックする仕事もしました。

2021年1月8日 金曜日 おいなり

携帯電話の組み立て

折りたたみガラケー

携帯電話(ガラケー)の組み立ての仕事もしました。
一人で全部組み立てるんじゃなくて、その一部を担当しました。
携帯電話の裏の滑り止めのゴムを入れるなどしました。

2021年1月8日 金曜日 おいなり

携帯電話の動作チェック

ガラケー

携帯電話の動作チェックの仕事もしたことがあります。
完成している携帯電話をあれこれ操作して、不具合がないかテストするものです。
派遣会社から派遣されて仕事してました。短期の仕事です。単純作業で、時給も高かったです。

2021年1月7日 木曜日 おいなり

カット野菜の仕事

ババア

カット野菜の仕事もしました。教えてくれる人が更年期か生理のババアで大変で、3日ぐらいで辞めました。僕が女性嫌いなのは、女性にはこういう面があるからです。「自分の感情・気分を安定させろ」と僕は思います。

2021年1月7日 木曜日 おいなり

教科書の箱詰め

英語の教科書

教科書の箱詰めの仕事もしました。3月だけの1ヶ月間の仕事で、小中学校に送る教科書をダンボールに詰める作業です。流れ作業で、教科書が重く重労働でした。
でも、頭は使わないので、精神的にはしんどくなかったです。腕と肩と首と腰と足が疲れるぐらいです。
家からは結構遠くて、片道2時間ほどかかりました。時給は良かったです。
そこには派遣会社から派遣されて働きました。
かなり汗をかくので仕事の疲れが気持ちよく、もぐもぐご飯を食べられ、ぐっすり眠れました。

2021年1月7日 木曜日 おいなり