共同ブログ

投稿一覧:全て(563件)おいなり(520件)でがらし(43件)

プラス100円の贅沢で実感リッチ。お金がなくても疲弊しないコツみっけ

ハゲおやじがちゃぶ台返し。舞い上がる食事とテーブル

相変わらず金欠です。

困った。
お金って、天下の回りもんじゃ………………ないんですね、きっと(涙)

ハァ、溜息が止まんない。
ここは発想の転換が必要。
なくったって、深刻にならずに済むには?

どうしても足りなくてピンチなときは別として。
ある、ないの実感は、お金の使い方による気がします。
心が満たされるような使い方をすれば、生活の質が向上するかと。

これ、いつだったか思い出せないほど前に考え始めたことなんですが、具体性に欠けました。
最近になって、やっと分かってきました。

人によって対象が違うんですね。
僕の場合は食べもの、飲みもの。

他にも充実させたいものはありますが、目下のところこれが第一。
売り買いできるもので、これほど感情を揺さぶられるものはありません。

うまいもん好き。
食べ歩きも、作って振る舞うのも好き。
食文化に興味があります。
うまいもん目当てに世界を旅したい。

でも、もったいないからと、ついつい安いものを選びがちなんです。
これが不満の素。
まずかったり、しょぼかったりすると相手かまわず不機嫌になります。
自分でも嫌なやつだなと思うぐらい。

だいたい安いもんに旨いもんはありません。
安いと原材料もそれなり。
わかっちゃいるけど、それでも安さに惹かれてしまうのは貧乏人のさがです。

例えば、パン。
コンビニの150円のと、おいしいパン屋の250円のじゃ雲泥の差。
150円で腹は満たされても、気持ちまで満たされません。

うまけりゃ、その日いちにちハッピー♪
すごくうまけりゃ、感動やまず♪♪♪
すごくうまいが毎日だと、ずっとハッピー♪♪♪♪♪♪

プラス100円が生活の質を高めることになります。
100円、出せないもんだから不幸なんです。

100円玉の一枚や二枚、いつでも余裕で出せるようになりたいもんです。

2017年9月15日 金曜日 でがらし

トウジョウ!( ̄( ̄( ̄-( ̄―( ̄―――+ ̄)― ̄)- ̄) ̄) ̄)フフ

スマホに熱中する男性。両手でスマホを持って画面に釘付け。

「かおもじ」って打つたびに、

(*”▽”)

とか、

(;´∀`)

とか、

(=゚ω゚)ノ

とか、ばっかり。

文字がなかなか出てこない。

変換履歴、うぜーーー!!

2017年9月15日 金曜日 でがらし

学校に行くぐらいなら、死んでしまいたいと思っているあなたへ

レモンティー。白いティーカップにレモンが一枚浮いている

あす月曜日から本格的に二学期が始まるという学校が多いでしょうね。
もしかすると、もう学校に行きたくない、行くぐらいなら死んでしまいたいと思っている人が、たまたまここを見ているかもしれません。

 

学校なんて

理由はどうあれ、学校なんてそこまで思い詰めて行くようなところじゃないんで。
どうぞ、バックレてください。
正直なところ、そこはもうずっと前から、あなたの居場所ではなくなってるんじゃないですか。
いまさら行ったところで、なんの意味があるでしょう。

死んでしまうよりも、声を大にして、しかるべき大人に助けを求めて、居心地のよい居場所を見つける。
あなたが羽ばたける居場所を見つける。
そうして欲しいです。

 

あなたがいなくなった世界で

ここから先は、あなたが、酷い酷い酷いいじめにあっているという前提です。

あなたがいなくなった世界の話をしましょう。

学校は児童・生徒の自殺の原因がいじめであったとしても、なかなか認めたがりません。
たとえ、あなたが遺書やそれに似たたぐいのものを書いてあの世へ旅立ったとしても。

どういうわけか、ある種の力が働いてスクールカーストによるいじめがおこってしまうように、ある種の力が働いて先生方は責任逃れに走ろうとしがちです。

ようやく事実を認めたさいには、あなたが通う学校や地元の教育委員会が再発防止を、あなたの家族や社会に向けて誓いますが、その想いが他の学校に共有されることはなかなかありません。
現に、ここ20年以上、同じことが繰り返されています。

最悪、あなたが命と引き換えに、名指しでいじめたやつを告発しても、なんだか分からないけど亡くなりましたというふうに、うやむやにされて、そのうち忘れ去られる可能性だってあります。
そんなもんなんです。

いじめたやつが、あなたと同じぐらいの年頃の少年だとしたら。
たとえ、逮捕されて激しい社会的制裁を受けることになったとしても、おそらく彼らは結局のところ正しく生きるための再教育を受けることになります。
それは死にたいほどの後悔を伴うことかもしれませんが、チャンスを与えられ、生きながらえるんです。

あなたの無念な気持ちは、一体どうなるのでしょう。

いや、あなたは死を決意するぐらいですから、こんなことは百も承知でしょう。
すでに、無念であるけれども、諦めるしかないと全てを受け入れてしまったのかもしれません。

でも、そこは、お願いですから踏みとどまって欲しいのです。

 

呪い殺せるのか

私の気持ちは伝わるはずだという淡い願いが甘いことだと、あなたは身をもって知っていますよね。

ここまで来てしまったということは、神や仏がいるとしても、知らんふりして助けてくれなかったということですよね。

それでも、あなたはひょっとすると、死ぬことで一つの希望を見出しているかもしれません。
それは人に言うとちょっと恥ずかしいこと。
昔から人々が願ってきたことであり、恐れてきたこと。

呪いです。

あなた自身があの世で特殊な能力をつけて、やつらを呪い殺すなんてことは可能でしょうか?
残念ながら可能性は低いようです。

世界を見渡すと、現状に不満のある人々を扇動し、うまくいかない原因はやつらのせいだと特定の人々にレッテルをはり、その人たちの命や財産や愛する人を容赦なく奪うことで、理想の社会を作ろうとする政治指導者がいます。
かつてもいました。
彼らのうち、いったい何人が呪い殺されたでしょう。
おそらくゼロです。
恨みつらみを抱いて殺された1万人が束になってかかっても、たった一人の命も奪えない…。

僕は、不思議な力があることを信じたいのですが、呪いはあるとしても強い相手には通用しないのかもしれません。

あなたは現世で歯が立たなかったやつらに、あの世でぎゃふんといわせることが出来ると思いますか。

 

生まれ変われるとしたら

気持ちの優しいあなたは、人を呪い殺すよりも、自分が生まれ変われさえすればよいと考えているかもしれませんね。

果たして、生まれ変わりが本当にあるのかどうか。
ここはあると考えましょう。

そういうスピリチュアルなことに詳しい人、研究している人、例えば日本では芸能人の美輪明宏さんや、霊能力者の江原啓之(ひろゆき)さんなんかが有名です。
かつて、二人をメインにした地上波の人気番組があったぐらいですから。

お二人によると、自殺したからといってなかなか楽になれないし、生まれ変わりもそううまくはいかないようです。
結局、後悔すると。
いろんな宗教で自殺をすすめないのは、よくないと倫理的なことで言っているのではなくて、損だからなんですって。

なんて残酷なことでしょう。
苦しみ抜いて死を選んだのに。
それでも報われないなんて。

 

その気持ちは異常じゃないが

あまりの苦しさに、死ぬ方がましと思うことが異常だとは全く思いません。
肉体でも精神でも、逃れようのない激しい痛み苦しみは、生きる活力を奪い去ります。

とはいえ、この状況は人為的なもの。

すっかり追い込まれて、他に選択肢がないとまんまと思わせられているんです。
あなたの本当の意思ではないはずです。

本当は、出来るものなら自分の力で這い上がりたい。
あるいは、いじめれていることを知られるのは恥だし、親に心配かけたくないけど、誰かに助けてほしいというような気持ちではないですか。

死ぬ一択でもなく、生きるか死ぬかの二者択一でもなく、いろんな生き方を選べたらいいですね。

元気になれたら何がしたいですか。
どうなりたいですか。

そんなこと、考える余裕さえ全くないときは、引きこもるという手があります。
周りの人の理解によって、安心して引きこもれる環境ができれば、いつの日か心が癒えるでしょう。

 

今が、この世で生まれ変われるチャンス

行かなくてもいいよと思っている大人はすごく多いと思います。
その人たちは、あなたがいま、言葉で言い尽くせないほどの絶望感と屈辱感の真っ只中にいるのだろう、かわいそうにと心を痛めています。
直接あなたをヘルプできずとも。

一方で、あなたの心に寄り添って、積極的にあなたを助けたいと行動する大人も少数ながらいます。
勇気を振り絞って助けを求めたら、その人たちとつながれるでしょう。

なかなか思うような人や組織に出会えないかもしれません。
失望させられることがあるかもしれません。
相性が合わないことがあるかもしれません。

でも、そこは腐らずにやってみてください。
追い込まれたあなたにとって、まさに今が、この世で生まれ変われるチャンスです。

 


ネット上には、あなたに無理解な酷い言葉が溢れているかもしれません。
そんなものはクズですから。
なんの役にも立たず、なんの価値もありません。
あなたを励ますために言ってるのではありません。
本当にそうですから。
真に受けることはありません。

2017年9月3日 日曜日 でがらし

欲しいものは、家庭を築けるだけの十分なお金、たくましい肉体、たくさんの友達

浜辺に沈む夕日に向かって、バカヤローと叫ぶ若い男が二人

8月ももう最終日。
去り行く夏にいまさらですが。
みなさん、夏といえば何を思い浮かべますか?
僕はこれ。

 

サンサン輝く太陽、雲一つない青空の下、エメラルド色のビーチで戯れる。
ビキニのかわいい彼女と、パーリーピーポーな友達らと。
僕は細マッチョでカッコイイ。

妄想wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

いや、ハワイでも湘南でなくてもいい、須磨海岸とか二色浜あたりで。
プライベートビーチじゃなくって、パラソルがいっぱい並んでて、人でごったがえしててもOK!
つか、むしろ、そっちのほうがいいかも。

せこい妄想wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 

読んでる、あなたがおそらく言いたいこと。

(´゚ω゚)・*;’.、ブッ
お前、ドラマの見過ぎ。
すっかり刷り込まれてるね。

 

ですよねぇ~。
ドラマによくあるそういうシーンは作られたものだし。
ひとはひと、自分は自分。

それに、実際のところ、僕はパリピとはノリが合わないでしょう。
身の置き所がなくて、恥ずかしい思いをしそう。

 

そうと分かってて、それでもなぜ憧れるのか?
刷り込み以外に何なのか。

それは、喉から手が出るほど欲しいのに、なかなか手に入らないものが組み合わさったイメージだからです。
すなわち、家庭を築けるだけの十分なお金、たくましい肉体、たくさんの友達。

 

詳しく言うとこういうことです。

この経済力のなさは本当になんとかしなければ。
実は、ビキニの似合いそうなかわいい彼女がいます。
なのに、今年もどこにも連れていってあげられませんでした。
水着を買って海に遊びに行くどころか、プールさえも無理で。
申し訳ない気持ちでいっぱい。
こんなんじゃ、この先、結婚どころか一人で生きていくことさえままなりません。
もしかすると、そのうち何もかも失って野垂れ死ぬかも。
その前に、年老いた親はいったいどうなるのでしょう。
そんな最悪のことを思わずにはいられません。

かつて、食が細くて痩せぎすで、腕力がありませんでした。
小学、中学では、ずいぶんからかわれて。
大人になってからは、お金がいいんで、引っ越しや建設関係、配送センターなどのアルバイトに行ってみましたが、そのたびに自尊心を挫かれる思いをしました。
あの屈辱感は一生、消えないでしょう。
言い返せたりスルーできるコミュ力、しっかりとした腕力、どちらもいまだ発展途上。

引きこもっている自分が恥ずかしくて、隠れるように生きてきました。
働いたり働かなったりだから、そのうちお誘いもこなくなって。
人付き合いが下手で、なんとか上手くなろうとしてきたけれど、これでは成果が限られます。
学生時代、仲の良かったみんなは、今頃どうしているのかな。
会いたいけど、こんなんじゃ会えないなぁ。

 

あぁ、去りゆく夏。
なんとかしようとしてるけど、相変わらずの不甲斐なさに気が滅入ります。

2017年8月31日 木曜日 でがらし

お盆なんで、すこ~しちなんだ話題をば

墓参り。お墓の前で合掌する男性

夜中に何回か、仏壇に手を合わせて、ありがとうございますと唱えています。

家族に。
今日一日、よくしてもらった人に。
ご飯が食べられること、健康であること、無事に過ごせてきたことに。

もう2年ぐらい。

夜中なのは、起きている時間が昼夜逆転しているから。
それに、、、こっちの方が大きいですね、家族に見られるのが恥ずかしいから。

これから、○○をちょっとがんばろうと思いますとか、決意を述べるときもあります。

平穏無事でいられることに感謝。

なんとなく始めた習慣です。
最初は、なんちゃってブレストレーニングをするときに、対象がある方がいいなと思って仏壇の前に立って手を合わせていました。
そのうち、心の中でありがとうございますと言うようになって、そっちがメインになりました。

以前は、感謝の大切さを知識として知っているだけでした。
でも、どうしても、そのように思えませんでした。
無理でした、糞くらえでした。
当然です、わが身を振り返れば。

気持ちが変ってきたのは、たぶん、家族との確執が和らいだから。
それから、いろんなことに諦めがつきだしたのも大きいです。
無理に、いついつまでに働こうと思わなくなりました。
穏やかな気持ちになれて、心に余裕が生まれたのでしょう。

相変わらず引きこもりで、周囲からみれば何も変わってないように見えるはず。
でも、僕の中では、こういう変化があるんです。
誰にも言ってないけれど。


読み書きの練習がてら、3年半前に書いた日記です。
いまでも毎日続けています。
感謝とともに、決意を述べることがずっと多くなったという違いがありますが。

やると気持ちいい。
スッとします。
よし、がんばろうと決意が新たになります。
精神安定剤みたい。
ご先祖さま、といっても、うちは分家なのでそんなに昔の人はいませんが。
おじーちゃん、おばーちゃん、その前の人あたりにしゃべりかけている感じ。

最近、なんだか気配を感じるようになって…。

なんて嘘ww
残念ながらこれっぽっちも霊能力がないので何にも感じません。
でも、あの世があるなら、伝わっているかもしれない。
そう思うと本気になれます。

やらないと無視してるみたいで後ろめたい気にもなります(ガクガク)
もしかして、目に見えないスーパーパワーで訴えかけてきはるかも、とか考え過ぎる僕は心配症かも。
かわいい?孫にそんなことするわけないっしょ。

あ、すいません、全面訂正します、かわいくありません、オサーンですから(;´∀`)

2017年8月15日 火曜日 でがらし

つながれないのは、つなぐ何かが足りないから。社会や人や仕事とつながれない自分が、なぜなのか俯瞰してみた

鉢植えの花を模した相関図

世界と自分をつなぐ何か
社会と自分をつなぐ何か
仕事と自分をつなぐ何か
職場や学校の人と自分をつなぐ何か
好きな人と自分をつなぐ何か
家族と自分をつなぐ何か
お金と自分をつなぐ何か

つなぐ何かは一つではないだろう。
誰にでも当てはまるものと、自分特有のものがあるだろう。
どういうわけか自分にはいともカンタンなものと、どうしても難しいものがあったりする。
いくつかの何かが束にならなと、つながれないかもしれない。

世界と自分をつなぐ何かと、仕事と自分をつなぐ何かがリンクしないと生きづらい人がいる。
一方で、そんな関係はどうでもよいという人もいて、互いの意見はすれ違う。

社会と自分をつなぐ何かと、仕事と自分をつなぐ何かは、たいていリンクしている。
だから、誰しも仕事をしてないと社会から遠ざかってしまいがちになる。

好きな人と自分をつなぐ何かと、お金と自分をつなぐ何かはリンクしているものだ。
さらに、職場の人と自分をつなぐ何かともリンクしている。
だから、職場に居場所を見つけられないと満足に稼げず、意中の人をデートに誘うこともままならないかもしれない。

僕らはこういう相関関係の中で生きている。
そして、つながるべきところが、つながらないと、場合によっては身動きがとれなくなる。

つなぐ何かとはなんだろう?
もし、それに気づいたら、どうすれば手に入るのだろう?
探し出すか、訓練によって身に着けるか、誰かに与えてもらうか、誰かをまねるか、思い付きや偶然にゆだねるか、タイミングを図ってそのときを待つか……。

振り返れば、少しひねりをきかせることでしか手に入らなかったように思う。
それなのに、失敗続きのいつものやり方を繰り返してしまいがち。
頼みの綱はキアイだけ。
そんなあやふやなもので乗り切ろうとして、案の定失敗する。
そうなるのは、他にいい手を思いつかないからだが、実は自分にとって未知のことを考えたりやってみるのが億劫なんだろう。
失敗続きでまた傷つくのは辛すぎるというのもあるが、単にめんどくさいのだ。
食わず嫌いである。

それは自分に限ったことではない。
人も組織も慣れ親しんだ手を使いたがる。
たとえうまくいきそうになくても、とうの昔の成功体験でも、それにしがみつこうとする。
失敗を恐れ、常識を気にしつつ、出る杭を打つが、そのくせ一風かわった人の成功体験を聞きたがる。

それでは時間の無駄だ。
いつもは考えないことを考えてみる、しないことをしてみる、そこにヒントがあるような気がする。

2017年8月2日 水曜日 でがらし

無気力の一端は、学習障害だからとやっと分かったけれど。引きこもりから脱出できない自分がここにいる

しゃがみこんで悩む人

どうしてやる気がでないのか?
サボってしまったり、途中で投げ出してしまうのはなぜか?

気持ちの問題なのか。
真剣さが足りないからなのか。
楽しめてないからなのか。

原因は、そのどれにも関係すること――無気力。
僕はずっと無気力に嘆いてきました。

それは、小学生の頃から、勉強、運動、人付きあいに苦手意識があったことと関係しているように思います。

ある程度できるまでがんばればいいのに、なぜか意欲がわかない。
いつも焦りの気持ちでいっぱい。
上達を楽しむ、待つということが出来ませんでした。
出来ないのは恥であり、隠そうとしたのも良くありませんでした。
そういう態度がからかいに繋がるのです。

小さな気力を振り絞るか、ない頭でアイデアを練ってきました。
計画好きなのか、計画はよく立ててきましたが、うまくいった試しがありません。
なぜなら、そこには自分が入ってなかったから。

僕は自分を知りませんでした。
また、常識やプライドや世間体にとらわれてました。
セールストークを鵜吞みにして、効果のでにくい方法をとりがちでした。
どこがダメなのか分かるまで、何度もなんども同じような失敗が続きました。

しかるべき方法を探るには、原因の根本を知らねばなりません。

勉強が苦手なのは、どうやら読み書きが苦手だからと気づきました。
もしかすると、読書量が足りないからもしれない。
だったら、これでもかというぐらい圧倒的な量を読むことを自分に課しました。
そんなことを何年も続けた結果、これだけやっても大きな改善が見られないのはなぜなのかと疑問に。
一か月かかって、それが学習障害(軽い難読症)の可能性が考えられると分かりました。
つまり、人並みの才能がないってことです。

まったく予想外の結論に至ったことで、悲しい反面、それならばそういう自分を受け入れて成功してやろうじゃないかと思うようになりました。
あれから3年、その方向性も策も見当がつかない状況。
何をしてるんだろう…。
もう時間がありません。
このままでは、守らねばならない人も守れない。

何が自分を縛っているのか、言葉にできないでいます。
それは、口に出して誰かに言うのが恥ずかしいことで、否定されるのはプライドが許さないことなのかもしれません。

思えば大学4回生のとき、読み書きが苦手であると、どうしても誰にも相談できなかったことと似てます。
そのことが、後々、これほど自分を苦しめることになるとは思いもしませんでした。
あのとき、勇気と先見性があれば、引きこもらずに済んだかもしれないのに。

2017年8月1日 火曜日 でがらし

金欠過ぎてどうしようもない→やる気が失せて現実逃避→寝る。引きこもりの非効率な日々

3枚のお札と6枚のコイン

あぁ、暑いなー。
今年の夏は特に暑いようですね。

世間には夏休みというものがありますが、引きこもっているので年中夏休みの自分。
ここ、一週間は特にやる気が起こらず、寝てばかりいました。

こんなことなら、なんでもいいから遊べばよかったと後悔。

引きこもりもベテランの域に入ってくると、こうなると次はこうなると予想がつくというもの。

人間、寝て過ごして再生を図べきときもあるでしょうが、今がその時かどうかもとうの昔に学習済み。
今回は、というか、今回もそうではありませんでした。

実は、僕が寝入ってしまうのは、八方ふさがりでどうにもならないなと思ったとき。

「やってはみたが、うまくいかん。次の策が浮かばん。あぁ、どうしようもない。どうしたらいいんだ、困った。困った、うーーん」

現実逃避

寝るなのです。

例えるなら、PCやスマホがフリーズしてしまうような現象。

社会生活を送る上で、そんなことが年の一度もあれば困ったことです。
にもかかわらず、自分の場合、たびたびあるんですよね。

原因で圧倒的に多いのがお金にまつわること。
ちょっと出かけるぐらいのお金もないと、ああああってなっちゃう。

なんでもいいんで稼げさえすれば、かなり楽になるはずだけれど。
アイデアも適応力もないから、選り好みをしないと稼げないのが現状。

選り好みしている場合かと自分でも思うけれど、経験上そうしないと無理なんだからしょうがない。
引き出しを増やさねばならないけれど。
これがどうにも、うまくいかないんですよね。

2017年8月1日 火曜日 でがらし

助言と批評禁止

怒る熊

「お昼です!」で助言と批評を禁止にしてるのは、「お昼です!」が「自助グループ」だからです!
自助グループは、自分の状態を改善させる集まりなんで、「人にアレコレ言わず、その内容自分で実行して下さい」ということで助言は禁止。
自助グループなんで、「人にアレコレ言わず、自分にアレコレ言って下さい」ということで批評は禁止です。

オバマ批判はできても『自分の明日』は語れない引きこもりに多い“セカイ系”の不思議な生態

この記事、説得力あります。政治批判とか政治批評とかいいから、自分のことを話しましょう!

自分の「これまで」を話し、自分の「これから」に向けた、自分の「今」の気持ちや状態を話しましょう!

2017年7月18日 火曜日 おいなり

更新が…

及成大麿(おいなりでかまろ)選挙に立候補! 「安心できるベッドタウン奈良へ!」

ブログの更新してなかったんですが、自助グループの活動はしてますよ。
私は、地元の選挙の投票に行きました。
皆さんは、何をしましたか?
集まりに参加してぜひ教えてください。

2017年7月10日 月曜日 おいなり