共同ブログ

投稿一覧:全て(514件)おいなり(495件)こばと(4件)でがらし(15件)

はじめての「お昼です!」に、疎外感をかんじてしまったら?

三人が楽しく話しているのに、自分だけ孤立している様子

勇気を出してやっとのことだったのに。
なんという疎外感。
もう二度と「お昼です!」なんかに行くもんか(♯▼皿▼)

――これからいらっしゃる方が、そういう嫌な感想を持たれる可能性は無きにしも非ず。
既に経験済で、この投稿をご覧になっている方がいらっしゃるかもしれません。

 

僕はリーダーでも責任者でもないので、私見に過ぎませんが。

そうなったときは、どうか深刻に受け取らないでいただければと思います。

というのも、奈良県の人口が少ないせいか、それともPR不足なのか、いずれにせよ新規の方があまりいらっしゃらず、どうしても常連中心になってしまうという事情があるんです。

 

詳しく言います。

第一に、現在の「お昼です!」は、常連が多いです(僕もそのうちの一人です)。
大雑把にいえば、ほぼ毎月参加する方と、参加回数が5回以上の方が少なくとも半分を占めます。
それに回数の少ない方や、半年~数年ぶりに来る方が加わります。
新規は多くて2人で、だいたいは0か1人。
男性が多いが、女性もいるというかんじです。

第二に、フリートーク(雑談)に多くの時間を割いており、少なくとも7,8人ぐらいまでなら話すのに苦手意識があまりないという方の定着率が高いようです。

常連が多くて、話せるとなると、その人らを中心に会話が弾むのは自然なことです。

この状況は、例えば最近、ご家族としか喋ってない方には不利です。
発言にはタイミングが大事だから、勘が鈍っていてスピードについてこれないかもしれません。
はなしを振られないと、一言もいい出せないかもしれません。
アウェイな気分になるのは無理もありません。

 

初めてだと緊張するでしょうし、ましてや常連が多いとなると。
もちろん、それは承知しています。
ポツンと一人浮いてしまうのはお気の毒です。
ですから、リーダーや常連が、一対一で話しかけたり、ときどき話をふるようにしています。
特に相談し合ったわけではないのですが、そうしています。
暇そう、辛そうにされていたら、暗黙の了解で誰かがお声かけしているはずです。

でも、それでも……。

一度いらしたのに、キツカッタと思われたならごめんなさい。
配慮が足りなかったかもしれません。

 

ご提案なんですが、一度無理と思われても、様子見でまたいらしてみてはいかがでしょうか?
話題はその日によって違うし、常連が多いとはいえ顔ぶれも違います。
3回目ぐらいから馴染めるというのは、あるかもしれないんで。

 

それから、奥の手があります。
どんな集まりでもそうでしょうが、一次会に続いて二次会にも参加するほうが、気心が知れて話しやすくなるものです。
別に決まりはないのですが、一次会が終わったら、その場にいる人たちで大概二次会をしようということになります。
お開きは遅ければ9時を回りますが、途中で帰られる方が多いです。
気軽にご参加ください。
二次会は実費ですが、カラオケや食事に行くのはごくたまにです。
喫茶店でお茶する程度なんで300円あれば事足ります。
ない場合は、その時はその時です。

※この投稿は、おいなりさん監修のもとに載せました。

2017年10月22日 日曜日 でがらし

お昼です!には、自由があります

自由の女神像

①情報交換に役立つかもしれません
引きこもりとは状態であり、何が原因かは病気や環境から心の傷まで様々。
短期間で脱出できそうなことから、長期間に及ばざるをえないことまで、人によります。
課題が違うのですから、引きこもり同士集まると情報交換が出来て有意義だというのは単純すぎるところがあります。
それでも、情報交換に意味があるのは、閉塞した日常であってもそこから幾らかでも解放してくれるような、今よりもより良く生きる術を見つけるきっかけになるかもしれないからです。
なんせみんな何かしら考えてますし、自分ひとりだと堂々巡りになりがちなんで。
【より良く生きるための情報交換の自由】

②息抜きによいかもしれません
引きこもり、引きこもりがちな人の生活は、精神的にハードです。
みなさん、がんばってるけど、なかなか成果の出ない孤独な戦いの日々でしょう。
行くところもないし、話し相手もいないし、お金もないというなら尚のこと。
ここは参加費無料、しかもお茶もお菓子(果物のときも)も付いてます。
一緒に茶ぁシバきましょう!
【休息する自由】もしくは【由緒正しい大阪人になる自由】

③一般世間でいえば恥ずかしくて言えないようなことや、怒られそうなことでも、口に出しやすいと思います
引きこもり、引きこもり経験者同士だからといって共感しあえるとは限りませんが、上から目線で全否定されるようなことはないでしょう。
あまりにも病んだ意見は、ちょっと無理かもしれせんがw
少なくとも、あなた様が引きこもっていることが甘えかどうかなんか、誰も問題にしません。
それから、トップページに載っているように「詮索・批判・批評・助言・議論・口外をしない」というルールがここにはあります。
多少の逸脱はあってもおおむね守られていると思います。
この点からしても、言いやすいと思います。
【表現することの自由】

④ただ人の話を聞いていたいなら、そうおっしゃってください
無理にしゃべらそうとするような人はいません。
ここはおしゃべりのトレーニングの場でもないし、何かを強制的にさせるような場でもないので。
あなた様のペースで構わないです。
【寡黙でいることの自由】

⑤冷房がきつい、暖房がゆるいなどと思われたら、どうぞ溜め込まないで口に出して下さい
極端な暑がり、寒がりでなければ、きっと賛同者がいるでしょう。
ここに集う人は、たいがい気のよい常識人ですから。
気遣いのし過ぎは無用です。
【快適さを求める自由】

興味はあるけど参加をためらっている方、お気軽にヾ(´▽`*)ゝ

2017年10月21日 土曜日 でがらし

あまりにも書けなくて、ストレス緩和で一人ガンダム祭り。どうしたらとんでもない量を書けるのか、いまが探りどき?

熟れた富有柿が一つ

やらなければならないことが山積みだ。
ほんとに山積みだ。
なのに、急ぎの用はもちろん、当然やるべき最低限のこともできないでいる。
実は、ほとんどが大して手間のかかることではないんだけれど。

 

柿が腐ると、やがてどうなるか?

ついこの前は、自部屋の床がなにやら液体で汚れているのに、ほったらかしにしていた。
液体はナイロン袋のエコバッグから染み出してはいたが、拡散しておらず。
少し臭うが、そのままでも当面は問題なさそうに思えた。

驚くべきことに、それは柿だった。
柿は腐ると、ヘタとその周りを残して、ほとんど液状になることを初めて知った。

カバンに入れたまま、忘れてたのだ。
9月のお昼です!の二次会で、カラオケ組から土産にもらったもの。
変わったカラオケ屋で、料金は安くないが、いろいろ食べ物が無料でついてくる。

せっかく美味しそうな柿だったのに、ごめんなさいm(_ _)m

しかも、そのエコバッグも貰い物。
開けると悪臭がひどくて捨てるしかなった。
まったく、もう、ごめんなさいm(_ _)m

僕の留守中に、母親が気付いて片づけてくれた。
当然、こっぴどく叱られた。

どうにもこうにも出来ないのは、やる気がおこらないからだ。
それは、自分が引きこもっていることと大きく関わっている。
原因は書けないことにある。

 

書けるようになりたいのに、書けない悩み

僕は読み書きがちょっと苦手だ。
軽い学習障害のようらしい。
それでも、どうしても、思うように出来るようになりたい。

この20年間、必要に迫られてやったこと、練習でやったことを合わせると膨大な時間を費やした。
一日10時間は普通のことだから、まるで作家かライター並みだ。

このまま成果が出ないと、僕は何もないじゃないかと激しく思っている。
人からすれば、強迫観念にとらわれているように見えるかもしれない。
(なぜそんなに書けるようになりたいのかは、また別の機会に書くつもり。)

もっと楽に、もっと速く、もっと正確に。
魅力的にとまでは思ってない。
伝わればいいレベルなんだけど。
たったこれっぽっちの願いがどうしても叶わないでいる。

 

苦手なことを限界までやり続けて、動けなくなった

ろくに寝ないで根詰めてやって、それでもうまくいかないことが続くと、ストレスのせいで集中力が切れてくる。
それでも頑張り続けて、なおうまくいかないと、やがて限界がきてまったくやる気が起こらなくなる。
どうにもこうにも気持ちが上向かない。
頭も体も動かない。
書くことどころか、何をするのもおっくうになって布団から起きれなくなる。
このままではいけないと思うのだが、焦る気持ちをよそに一歩も前に進めない。

大袈裟に思われるかもしれないが、いつまでもこんなことをしてられないと、自分としてはすごく追い込まれている。
ギブアップになるのは、僕に忍耐がないというよりも、人間はそうできているからだろう。
もう無理だからやめちゃえよ、休憩しろよと体がサインを出しているんだ。

 

自部屋でガンダム祭り、はじまる

こういうことは今に始まったことではない。
何度も何度も繰り返している。
だから、引きこもりなんだけどね。
この状態では、もうどうあがいてもダメだ。
心の赴くまま、肉体は従うしかない。

今回、行きついたのは機動戦士ガンダムだった。
5日ほどでこれだけ見た。
ふだん、あまりテレビも映画も見ない自分としては、一度にこれだけの量はかなり多い。
(以下、制作会社のサンライズの公式サイトにつながります。)

明るくない人にも分かるように説明すると、要はファーストガンダム(最初に作って大ヒットした作品)に直接関係するものばかり。

『ORIGIN(オリジン)』はファーストのリメイク、『サンダーボルト』はファーストのサイドストーリー、Zはファーストが終わって7年後の話。

ORIGINと、サンダーボルトは現在進行中の最新作。
『Z(ゼータ)』のテレビ版は30年ほど前ので、映画は10年ほど前の。

なかでも、Zが見たかった。
子供ころリアルタイムで見てたが、熱心なファンではなかった。
ガンダムシリーズを全部みてるわけじゃないが、だいたいストーリーが複雑で登場人物が多いように思う。
Zはまさにそれで参考書がないと、なかなか掴めない。
今回、いろいろ確認できてよかった。

一番気になっていたのは、どうして主人公が発狂してバッドエンドになったのか。
見る者を意気消沈させた、あの無力感はなんだったのだろう。
それには、途中に何が起こったのかエピソードを追っていくとよいと思い、象徴的な回を中心に見入った。

全体としては、ヒューマニズムの主人公がエゴが渦巻く世界でどう自分を貫くかという話で、大きな敵のうちの一人を倒せたが、その代償に発狂してしまう。
まっすぐな青年の心は、折れずに突き進んだけれど。
大人の都合にひれ伏さなかった代わりに、自分を崩壊させてしまったわけだ。
なんたる非情。
あぁ、でもこれは、日常のちっちゃいところでも起こってることじゃないか。

よく分かんなくても、大人になってもずっと引っかかっていたのは、富野由悠季監督の力量だったのだろう。
凄い。
なのに、映画の完成度があまりにも低いのはどうして!!
監督ぅ、残念過ぎるぜ。
『ガンダムⅢ めぐりあい宇宙』のような、心が震えるものを期待してたのに。

一方、新しい二つは上出来。
映像も演出も傑出している。
続きが見たい。

 

ガンダムは栄養補給、問題はどうすればギブアップにならずに済むか

いやぁ、満喫した。
良かった、一人ガンダム祭り。
途中で目が痛くなってきたが、止められなかった。
気の済むまで見たかんじ。

前から見たいみたいと思っていたのだが、なんでこんなときに。
やること、いっぱいなのに。
でも、こんなときだからこそだったのかもしれない。

ついこないだまでの僕なら、こういう逸脱はサボりとみなしていた。
またやっちまったと反省していた。
いまは、しょうがないと思ってる。
物事の必然と気付いたからだ。

僕は特別根性がないのだろうか?
たぶん、そうではない。
おそらく人並みだ。
だとしたら、自分のようなことが続けば誰だってどこかで根を上げるだろう。

ガンダムを見てご機嫌になっている自分は、別にいい。
栄養補給なんだから。
問題はどうやったら、ギブアップにならずに済むか?
それには、効率的に書けるようになるしかない。

以前なら、ここに立ちはだかる大きな壁があった。
なかなか読めなかったから。
読めないのだから書けるわけがない。
20年かかって人並み程度に読めるようになったと思う。
書く方も、何か一つ、ポイントを見つけられれば突破できるような気がしている。

一つ、ポイントーーなぜそう思うかは、前例があるから。

 

ぜんぜん努力しないで、2キロ泳げるようになったこと

僕は泳ぎが下手で、クロールなら25m泳ぐのが精いっぱいだった。

どうしたら足をつかずに長い距離を泳げるのか、大人になっても気になっていた。
ある日、ちゃんと息が出来さえすれば歩くように泳げるし、体力が続く限り続けられるはずだと、ふと閃いた。
その後は、プールで、ただただどうやったら楽に息継ぎできるかに意識を向けて練習した。

といっても、一生懸命にではない。
2割か3割ぐらいの力しか使わずに。
誰でも似たようなもんだと思うけれど、不得手なことを一生懸命するとすぐ嫌になってやめてしまいがち。
続けられないから上達しにくい。
不得手だからこそ、最小限の練習で気持ちよくやらないといけないと思う。

週に3日、最初は50mから始めた。
プールの中を歩いたり、平泳ぎで遊んだりして、正味の練習時間は5分もない。

はやる気持ちをおさえて、1か月半かけて100mに量を増やしていった。
いつのまにか、楽に泳げるようになっていた。
そこからはとんとん拍子で、やり始めて3か月ほどで、2km泳げるようになっていた。
2kmと少しになったところで止めた。
お腹は空くし、冷えて痛くもなるんで。
この間、インストラクターについてもらったのはたったの一回、10分だけ。

速くはないが、いくらでも泳げる。
これでいい。
速度を上げるのは、別に練習すればいいのだから。

 

目下、ポイント探しにヨミヨミ中

こんないい加減な練習でも成果を出せたのは、息継ぎは苦手でも、他は必要条件を満たしてたからだろう。

書く方はどうか。
いまなら自分が思ってもみない、とんでもない量をこなせるようになる条件がそろっているんじゃないか?
そんな予感がちょっとする。

いま、書き方の本に何冊もあたっている。
前はそんなもの、書けなさ過ぎて、ぜんぜんピンとこなかったが。
いまは手応えをかんじている。

2017年10月19日 木曜日 でがらし

気分転換の方法

汗取りマット

皆さんは、気分転換のためにどんなことをしてますか?
下に私のしてることを書きます。
皆さんのしてることを、ぜひ「お昼です!」の会場で教えてください。

1.布団の敷きパッドを換える。
全裸で寝る私には、汗びっしょりの敷きパッドは不快で安眠できないので、換えます。

2.バリカンで散髪をする。
髪が長いと汗が乾きにくかったり、気になって触ってしまうので、バリカンを使って風呂場で短くします。

3.ガムを噛む。
緊張すると口を閉じるので、口を閉じないようにガムを噛みます。

4.砂糖入りのジュースではなく、緑茶を飲む。
砂糖入りのジュースは刺激が強く、飲んだすぐは満足感がありますが、すぐに体がだるくなるので、刺激の弱い緑茶を飲みます。

5.自分のしたことや思ったことを書く。
自分の日々の行動や思いを振り返るために、それをSNSに書きます。

6.自己啓発本を読む。
月刊誌『PHP』(205円)で、芸能人やスポーツ選手や歌手などの苦労話を読み、「苦しいのは自分だけ」という孤独な気持ちを和らげます。

2017年10月14日 土曜日 おいなり

やってみてわかった、古着の商品説明がどうして簡単にならざるをえないのか? セドリは時間を節約しないと利益がでない、燃え尽きる

ノートPC前でたたずむ、ネットオークションでうまくいかない男

表計算ソフト・エクセルで記録したセドリの帳簿の一部画面

今年、しばらくの間、ヤフオクで古着を売ってました。
趣味と実益を兼ねて。

趣味というのは、セレクトショップ風にしたかったので。
これイイ!っていう、思い入れがあるものしか人に勧めたくないんです。
仕入れるのは、自分が好きなきれいめカジュアルで状態のいいものだけ。

実益というのは、それで儲かればいいなと。
でも、資金も特別なルートもありません。
平凡なセドリです。
それならば、仕入れ値の安いファストファッションを中心に厳選し、買い手の立場にたって説明することで、高めに売れないかと考えました。
そんなに詳しく書く人はそれほどいないんで、付加価値になるかもと期待して。

質はどうか、特長はなにか、どう着こなすか、どういう体形の人に向くのか、自分が着るとどうか、デメリットはなにか。
繰り返し着たり眺めたりしながら、一方で関連情報にも目をやり、紹介文を練りました。

残念ながら、実益がともないませんでした。

このやり方は続けられません。
一点いってん、きっちりやろうとすればするほど、お金に見合わないんです。
圧倒的に安く、同じようなものを大量に仕入れられるならともかく。
よほどの商品知識があって文才もあるとか、特殊な人しか無理でしょう。

とにかく、一つ完了させるのにものすごく時間がかかりました。
文章のみならず、写真撮影も発送作業もなかなか短時間では終わらない。
ましてや、僕は、読み書きが苦手な軽い学習障害の身です。
ただでさえ成果がでにくいのに。
もろもろ合わせれば赤字です。
高めに売れたものもありますが、大したことありません。
仕入れ作業は楽しいし、売れたときや褒められたときは嬉しいけど、ビジネスとしては大失敗でした。
すっかり疲れ果てて今はやってません。

以下は、ちょっとした記録です。
ここに載せるにあたってリライトしました。
製品の特長などに絞ってます。
落札金額は送料込みです。


ユニクロのプルオーバーセーター。紺色、大きく開いたVネック、首元と手首に白い線でアクセント。メンズ
ユニクロ

胴がローゲージ、腕がミドルゲージのコットン100%。
深い紺といい、デザインといい、とても上品。
アイビー、プレッピー=アメリカ東海岸の私立学校に通う子のイメージ。
ほんとにそれっぽい。
中にはオックスフォードシャツ、パンツはジーパンじゃなくて、綿パンで。
2015年製造、定価は2,500円ぐらいかな。

経済記事によると、ユニクロはこの年もその前の年も、お値段ちょっと高めでその分いいものを作ってました。
これが、正にそうです。
ただ、天候不順も相まって、業績にうまく繋がらなかったそうです。

※ユニクロはタグをみれば、製造年と時期がわかります。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1025100480

新品同様
仕入れ300円→落札1,990円


ユニクロの特別コレクション、イネス・ド・ラ・フレサンジュの長袖シャツ。パステルカラー、パーツごとに左右も上下も非対称の色と柄。レディース
ユニクロ/イネス・ド・ラ・フレサンジュ

レディースです。
2014年の春夏に売ってたもの。
定価1,990円。
この年のは、こういうちょっと派手な非対称の柄やチェックが何点かあってどれも人気でした。
派手ハデですが、トーンさえあえば、ボトムスはどんな色でも合いそう。
イネスは、テイストがきれいめカジュアルで自分好み。
ただ、レディースしかない特別コレクションなんですよね。
と、思っていたら、ついにこの秋からメンズでも始まりました、ヤッホー!
http://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/ines/men/

タグ付き新品
700→2,580円


無印良品のギンガムチェックの長袖シャツ。くすんだ青色。メンズ
無印良品

無印のシャツが好きです。
無印良品のコンセプトは「これでいい」だけど、「これがいい」と言いたいですね。
形がいいんで。
最近のものです。
定価3,980円。

①襟の立ち方が粋
薄手の生地で、それほどコシがあるわけではないのですが、すっと立ってくれます。
これ一枚で十分カッコイイ。
トレンド感があります。
写真では伝わらないのが残念ですが、着るとすぐ分かります。

②丈は短め、身幅は絞ってあります
タックアウトで着られます。
無印のカジュアルシャツはどれもそうなんですが、ユニクロのようにゆったりした作りではありません。
細身、普通体型の人をスタイリッシュに見せてくれます。

③合わせやすい色使い
ちょっぴりくすんだ青が上品。
他のベーシックアイテムと調和します。

使用感なし
500→1,580円


コンファームのセーター。丸首、緑、モコモコ生地。メンズ
コンファーム

セレクトショップ・コンファームのオリジナル商品。
ちょい濃い目の緑のモコモコが、見た目にも肌触りにもいい。
少し光沢があって上品。
ゴルフのグリーンみたいで面白いです。
アクリル70%、ポリエステル30%の化繊ですが、安っぽく見えません。
コーディネートのメインにもってこれそう。
細身に作ってあるので、適度にボディーラインが出ます。
着丈も短めだし、細い僕からしたらオジサンぽくなりにくいシルエットです。

コンファームは、イオンモールなどショッピングセンター中心に展開してます。
ビームスやシップスなどと価格帯が違います。
この品は、高くても4,000円ぐらいでは。

梅田、ヨドバシカメラの店の様子。
http://yodobashi-umeda.com/fashion/fashion_conf.html

使用感ありだが状態よし
650→1,490円


ヒアーズの長袖シャツ。青系の地に白い水玉模様。メンズ
HERE’S

2012~16年の短命で終わったイトキンの低価格帯のカジュアルブランド。
ミッシェル・クラン(MICHEL KLEIN)のセカンドラインだった、クラン・プリュス(KLEIN PLUS)をリニューアルしたのだけど。
16年はイトキンが業績悪化で、投資ファンドのインテグラルに買収された年。
大リストラの渦に巻き込まれたのでしょう。
ファストファッションに対抗すべく、これなんかすごくいい製品だと思うんですが。
ブランドのターゲット層は20代半ばだけど、ちょいワルオヤジにむしろ着てほしいです。
トレンド感あり、なかなかしっかりした生地に雰囲気のある色合い。
襟の立ちがかっこいいですね。

使用感なし
500→1,690円

2017年10月1日 日曜日 でがらし

痺れが切れるだけでも許せない。長期化する引きこもりに、イライラが止まらないときがあります

こむら返りで苦しむ男

もう、引きこもってなんていたくない。
なんとか脱出したい。
思うような方向に行きたい。

それで、ときどき一念発起するんです。
でも、だいたい空回り。
やることなすこと裏目に出ててしまう。
こういうことが、20年ぐらい続いてます。

失敗は成功のもとというけど、僕は鋼の心臓を持ってないから。
こうも失敗続きだと、どうしようもない怒りと悲しみと焦りが激しくなってきます。
日常のちょっとした失敗や運のわるさでさえも許せなくなって、アーーーーッ!!モウ!!!って声を荒げてしまいたくなるときがあります。
癪に障ってどうしようもなくて、溢れだす負の感情を抑えきれなくなるんです。

家族には、変ってるなぁと、変人扱いされてます。
僕自身は変人ではないけど、おかしくなってると自覚があります。

例えば、痺れが切れたときでさえ、イテテテッではすみません。

家にいるときは、読んだり書いたりすることが多いので、よく椅子に座ってるんですが。
何時間も同じ姿勢だと疲れるので、ときどき椅子の上で正座するんです。
そうすると腰が楽なんで。
そのうち太ももにジンわり違和感がきますが、しばらくは大丈夫。
膝がしんどくなってきたときが止め時だと思います。

でも、動くのが面倒くさいときってありますよね?
いよいよ我慢できなくなるまでそのままでいたら、ものすごいしびれに襲われます。

ジンジンジンジンジンジンジンジンジン。。。

「ア~~~ッ(怒)
もう、なんで、なんで、いつもこうなんだ。
なんでこうなるんだ、くっそーぉ。
もう、次から次へと、ほんまにぃ。
アーーーン。
どうして、こんなつまんないことに苦しまなあかんのや。
いっつも、いっつも、こんな糞低次元なことで。
ほんっっっと、めんどくせーぇ!!!」

痺れが切れると、誰だってイライラします。
「痺れを切らす」という慣用句があるぐらいですから。
でも、こんな風に思うと、たかが正座の痺れが精神衛生上の問題です。

面倒くさいときでも痺れが切れる前に正座を止めないと。
イライラに油を注がないようにしよう・・・・・・その方がいいですよね。

ところが、それがまた癪に障るんです。
どうして、そこまで考えなきゃいけないんだと。

「そんなチマチマしたことをしても根本的な解決には遠いよ、あほらしい。」

どっちにしても心が疲れる。
まったく不自由な自分です。

2017年9月23日 土曜日 でがらし

癒しのシナモンちゃん

ハートマーク+1と書かれたイラスト

サンリオのシナモロールが好き。
最近、パペットを買ってもらいご機嫌です。
写真や動画を撮って遊んでます。

動画編集アプリってすごいのね。
音楽までアプリ内に用意されてて、選ぶだけでいいなんて。
シナモンちゃんの動きに合わせて音を選んだらシンクロしました。

かわいい。
癒される。
シナモンちゃんは癒し!

2017年9月20日 水曜日 こばと

引きこもりは勧誘されやすいのか?自分第一だから、世直し的なものならノー

セールスお断り!の文字の上にバッテン

引きこもりって、なにかの勧誘になびきやすいんでしょうかね?
例えば、宗教、自己啓発セミナー、政治運動とか。

たぶん、それが世直し的なものなら、なびく人は、あんまりいないと思います。

 

引きこもりは、ふつうの人

僕の見立てです。

引きこもりは状態です。
理由はさまざまだし、誰しもなる可能性があります。

そうすると、価値観において、あまり変わった人よりも、ふつうの感覚の人が多いはずです。
実際、そう思います。

希望としては、ふつうに働けて、ふつうに結婚できて、ふつうに生活を営んでいければいい。
なるだけ高いレベルで。

メジャー志向で、社会的少数者やマイノリティーと呼ばれたくありません。

 

ふつうだからこそ、苦しい

ふつうの感覚の人が、ふつうのことさえ出来ない状態というのはキツイ。

引きこもっていて恥ずかしいという気持ちは相当なもので、人と比較してあまりの自分の小ささに押しつぶされそう。
引きこもってしまったのは、何か解決の困難な事情があってのことで、それさえなんとかなれば、自分だってガンガン活躍できるはずなのにと悔しい気持ちでいます。

良くも悪くも常識的で、自分に合ったオルタナティブな生き方をしようと思っても、ついついふつうに引き戻される。

一刻も早く、身近な人や社会に認められたい。
いわゆる、いい学校やいい会社に強い憧れを持つ人が少なくありません。
特に男性は。

そうとうな葛藤と失敗があって、やっとの思いで、自分に合ったオルタナティブな生き方に行きつきます。

 

社会よりも自分を変えたい

こういうメンタリティーだから、社会を変えるより、自分を変えたい人が多いのでは?
だから、社会に受け入れてもらえるように自分を変えるよりも、受け入れてくれない社会を変えるんだという発想にはなかなかいかない。
世界は平和であったらいいよね、ぐらいの素朴な思いは持ち合わせても、積極的に社会運動に参加するような人は少ないです。

また、自分がいかに無力か惨めな思いを繰り返し味わっているので、自分がちょっと変わることぐらいで社会が変わるなんて、ある意味セカイ系なことも思えないリアリストです。

例えば、イスラム国や、かつてのオウム真理教は、裏側はさておき表向きは世直しをしたい人たちの集まりです。
この世界は汚れていて、あるべき姿にしなければならないという正義感が暴走して、どこが正義やねんという本末転倒に陥ったと僕は思うんですけど。
こういうのに足を踏み入れる心の余裕がなくて、自分のことで精いっぱい。

 

引きこもりは、社会とつながりたい

ただし、社会から孤立した引きこもりを、再び社会へとつなぐ橋渡し的な要素の方がずっと強ければ話は別でしょう。

というのも、たいていの引きこもりは、この不自由な自分がどうしたら社会と繋がれるのか、分からないで困っているからです。

すなわち、活躍の機会があり、評価され、友達やいい人ができ、生活に張りが出て、目標がもて、多少のお金が入るーーそういうものを提供してくれる居場所、プラットフォームであると感じられればなびくかも。

いま書いたこと、自分はというと、そうですね、7割ぐらいあてはまります。

 


アップしようかしまいか迷いましたが、そういうものこそ面白いかもしれないからアップします。

みなさんは、どう思われますか?

理由はさまざまで、誰しもなる可能性があるからといって、日本人の平均や多数派を引きこもりによくいるタイプのように言うのは乱暴かも。
というような、そもそものところで異議ありかもしれませんね。

2017年9月19日 火曜日 でがらし

プラス100円の贅沢で実感リッチ。お金がなくても疲弊しないコツみっけ

ハゲおやじがちゃぶ台返し。舞い上がる食事とテーブル

相変わらず金欠です。

困った。
お金って、天下の回りもんじゃ………………ないんですね、きっと(涙)

ハァ、溜息が止まんない。
ここは発想の転換が必要。
なくったって、深刻にならずに済むには?

どうしても足りなくてピンチなときは別として。
ある、ないの実感は、お金の使い方による気がします。
心が満たされるような使い方をすれば、生活の質が向上するかと。

これ、いつだったか思い出せないほど前に考え始めたことなんですが、具体性に欠けました。
最近になって、やっと分かってきました。

人によって対象が違うんですね。
僕の場合は食べもの、飲みもの。

他にも充実させたいものはありますが、目下のところこれが第一。
売り買いできるもので、これほど感情を揺さぶられるものはありません。

うまいもん好き。
食べ歩きも、作って振る舞うのも好き。
食文化に興味があります。
うまいもん目当てに世界を旅したい。

でも、もったいないからと、ついつい安いものを選びがちなんです。
これが不満の素。
まずかったり、しょぼかったりすると相手かまわず不機嫌になります。
自分でも嫌なやつだなと思うぐらい。

だいたい安いもんに旨いもんはありません。
安いと原材料もそれなり。
わかっちゃいるけど、それでも安さに惹かれてしまうのは貧乏人のさがです。

例えば、パン。
コンビニの150円のと、おいしいパン屋の250円のじゃ雲泥の差。
150円で腹は満たされても、気持ちまで満たされません。

うまけりゃ、その日いちにちハッピー♪
すごくうまけりゃ、感動やまず♪♪♪
すごくうまいが毎日だと、ずっとハッピー♪♪♪♪♪♪

プラス100円が生活の質を高めることになります。
100円、出せないもんだから不幸なんです。

100円玉の一枚や二枚、いつでも余裕で出せるようになりたいもんです。

2017年9月15日 金曜日 でがらし

トウジョウ!( ̄( ̄( ̄-( ̄―( ̄―――+ ̄)― ̄)- ̄) ̄) ̄)フフ

スマホに熱中する男性。両手でスマホを持って画面に釘付け。

「かおもじ」って打つたびに、

(*”▽”)

とか、

(;´∀`)

とか、

(=゚ω゚)ノ

とか、ばっかり。

文字がなかなか出てこない。

変換履歴、うぜーーー!!

2017年9月15日 金曜日 でがらし