共同ブログ

投稿一覧:全て(568件)おいなり(568件)

結構旅行しました

旅行者

僕はインドア派で、パソコンしてることが多いんですが、実は結構旅行もしました。
僕は初めての場所に一人で行くことが心理的にあまりできないので、だいたい家にいるのですが、「こりゃイカン!」って思って、どうしようかアレコレ考えました。
で、いいことを思いつきました。「人に連れて行ってもらえばいいんだ!」ってことをです。
で、自助グループで知り合った人に旅行好きな人がいたから、「交通費と食事代と施設利用料など払うので、旅行行くとき連れて行ってください。お願いします。」って感じで頼んだら、めちゃめちゃ誘われました。
でも、相手はお金はほとんど受け取りませんでした。食事代を僕がごくたまに払ったぐらいです。
インドア派の僕でも旅行の経験がたくさんできました。かなり楽しかったです。鍾乳洞も見ました。

人に言うと「『お金払うから連れて行って』って言うのおかしくない? 食事代ぐらいなら分かるけど、交通費とか施設利用料はおかしいでしょ。」とか言われました。
でも、僕は「自分がケチってたら、短期間に充実した経験はできない。たまに誘ってもらえるぐらいで、待たないといけない。」って思ってそうしてました。
クレクレ厨だとダメだと思うんです。たくさん経験したいなら、こちらもたくさん出さないといけない。お金じゃなくても、感謝の言葉とか、素敵な笑顔とか、知識とか、楽しい話とか、自分の持ってるものと交換する形で、それを手に入れることがお互いに満足に繋がると思うんです。

めちゃめちゃ旅行したので、そこらへんの人を倒せるぐらいの、旅行者のレベルに達しました。

2018年10月21日 日曜日 おいなり

ひきこもり多っ!

満員電車

ひきこもりから脱出した頃は、「自分みたいな人は他にあまりいない」と思ってたけど、ひきこもりのイベントなどに行くと、めちゃめちゃいてビックリしました。

「自分は廃人、人生オワタ、ハァ」みたいなことを軽く自虐的に冗談で言ってたら、ひきこもりの親から「うちの子もひどいんです」って言われて、深刻な話をされました。

僕のひきこもり経験は、再現ドラマにしてもつまらないけど、そういう深刻な話は、再現ドラマにしたら波瀾万丈で迫力があり面白そうです。

逆に、僕よりもかなり回復して、とても元気な人もいました。ひきこもり経験を全然引きずってない感じの人でした。180度変わった感じの、ひきこもり脱出大成功で、完全な社会復帰、完全な充実生活を送ってる人もいて、かなりビックリしました。ひきこもり経験をしたけど、世界一周してひきこもりのイベントでそれを発表とか。

で、思いました。「自分のひきこもり経験の深刻度は、相対的だ。人との比較で、軽いほうだったり、重いほうだったりする。だから、あまり気にするな。」ってことをです。

自分の経験が深刻でも深刻じゃなくても、どうでもいいことです。そういう評価に囚われずに、毎日を楽しもうと思いました。

2018年10月20日 土曜日 おいなり

ひきこもってた時の散髪

掃除機

ひきこもってた時の散髪は、ハサミか「フロービー」を使ってました。
フロービーは掃除機に繋いで使うタイプの散髪道具です。
切った髪をすぐに掃除機で吸い取ってくれます。
フロービーは動作音がかなり大きいので、親がいない間に使ってました。

2018年10月18日 木曜日 おいなり

僕が国を作るなら

頂点に立つ男

僕が国を作るなら、全員を男にする。
でも、それだと子孫を作れないから、世界から10人のエリート女を連れてくる。
で、勉強や運動や芸術に優れた男にだけ、それらの女との性交を許し、女はその子を出産する。
性交と出産は許可制で、違反を厳しく取り締まるために、科学者で構成される「遺伝子流通監視委員会」と、ラブホテルとかを取り締まる「色事警察」を配置。
外国との人の交流を極力避け、空港には公安警察がいて、入国してきた人を尾行して、性交しないか監視する。
純粋を保ち、穢れを避け、最強の国民を作り、それが出産によって代々更新され、最強の最強の最強の国民を作る。
ノーベル賞も独占し、金メダルも独占し、あらゆる分野で最強の国家・国民が誕生する。
でも、最終的には、遺伝子の異常・突然変異が生じて、科学者の力でもどうすることもできず、悲観した国家元首によって、自爆スイッチが押され、国家と国民が爆死する。
国家や国民が穢れ醜くなる前に、美しさと尊厳を保ったまま自爆。
で、後世「地球で一番美しい国家・国民」と教科書に載る。

2018年10月17日 水曜日 おいなり

異性愛との闘争

バーン

僕は今まであんまり考えたことがなかったけど、異性愛者。
異性愛者なんだけど、異性愛者は普通というか結構大多数の人間がそうだ。
僕はその大多数の人間、一般大衆、俗物、凡夫たちと同じであることが、ちょっと嫌だ。
異性愛者として生きてるのは、自分で選んだのではなくて、自然とそうなっていた。気づいたらそうだった。
ということは、僕はそれに従属・隷従・支配され、自由を奪われ、自分らしく生きてない。
僕は異性愛者というカテゴリーから解放されて生きるにはどうすればいいか考えた。
頭の中で「女」に「男」をぶつけることにより、「女」を消去する。女性的な物を、男性的な物に置き換える。
僕を構成する物、僕の吸収する物を全て男性的な物に変えることによって、僕の世界から「女」は消え「男」だけになる。
女は世界に存在するけど、僕の世界には存在しなくなる。
目の前に女が現れても、僕の世界にはそれは存在しないので、女として認識せず、僕の世界を脅かさない。
僕の世界が「男」だけで構成されれば、そもそも「男」とすら捉える必要がなくなる。
そうなると、「『女』ではないほう。つまり『男』」として捉えることがなくなり、「人」として捉えることができるようになる。
そして、異性愛者という呪縛から解放されて、自由に生きることができるようになる。

2018年10月13日 土曜日 おいなり

手伝いでお金

千円

ひきこもりから脱出する直前ぐらいの、買い物の手伝いは、人の目が気になるから、夜7時頃行ってました。
冷蔵庫に貼ってある買い物リストとお札を持って行ってました。
買い物リストには、飲み物や食べ物の商品名ではなく、種類が書いてあるだけで、価格は書いてませんでした。
「牛乳、納豆、卵、豆腐」という感じで。
1000円札が貼ってある場合、お釣りは200円ぐらいになりました。
そのお釣りは、返さず、僕が着服してました。
そのうち、「このお釣りを増やすにはどうすればいいだろう?」と考えるようになり、「価格が書いてないんだから、その種類の安い物を買えばいい」と気づきました。
200円の牛乳ではなく、150円の牛乳。
100円の納豆ではなく、60円の納豆。
250円の卵ではなく、200円の卵。
150円の豆腐ではなく、60円の豆腐。
など安い物を買いました。複数のセットで売ってる物は、1つだけの物を買いました。3つセットの豆腐は、1つだけの豆腐にするなど。
「業務スーパー」という安そうな店にも勇気を出して入り、安い物ばかり買いました。
あまりおいしくないけど、食事を楽しめる状態ではなかったので、全然問題なかったです。
お釣りが増えて、それを着服しまくり、自分の自由に使えるお金がどんどん増えていきました。
買い物は手伝いでやってたんですが、お金を増やすことができるから、「手伝い=苦しみ」ではなく「手伝い=楽しみ」でした。

皆さんの、「苦しみを逆転させて楽しみにした経験」があれば、「お昼です!」の会場でぜひ教えてください。

2018年10月12日 金曜日 おいなり

事実と評価

教授

哲学や文化人類学や法学などの入門書を読んでかなり良かった点は、「事実」と「評価」を分けることが大切だと理解できた点です。
「ひきこもった」っていう事実が即「悪い」っていう評価に繋がることを防いでくれてます。
その結果、冷静になり、嫌な気持ちにならずに済んでます。
「いい面も見てみよう」「評価は社会によっても違う」って思えるようになりました。
「相対主義」とも言うんでしょうか?
皆さんの心の安定方法を、「お昼です!」の会場で教えてください。

2018年10月11日 木曜日 おいなり

民家を借りる

大の字で寝てる

「お昼です!」とは別のひきこもり自助グループ「時計台」の集まりを開くために、「フリースペースSAKIWAI」の部屋借りました。
第29回 2018年10月21日 日曜日 午後1時から午後5時まで
第30回 2018年11月18日 日曜日 午後1時から午後5時まで
第31回 2018年12月16日 日曜日 午後1時から午後5時まで
良かったら来てください。

2018年10月10日 水曜日 おいなり

格安SIM

スマホ

ひきこもりの自助会に行ってた時、二次会にも情報を手に入れるために行ってました。
で、ある日の二次会で、スマホ操作してる人がいたから、僕が「スマホいいですね。僕は着信専用のプリペイド携帯です。スマホ高いから。」って言ったら、相手は「これ毎月500円しか掛からない。」って言いました。僕は意味が分からず、「そのスマホ使えないんですか?」って聞いたら、「ネットもメールも乗換案内も地図も見られるよ。」って教えてくれました。
で、僕は「500円でそれだけ使えれば十分だ!」と思ったんですが、本体代のことを考えるのを忘れていて、ちょっとガッカリし、「本体高いですよね?」って聞いたら、「中古で買ったら安い。」って教えてくれました。
僕は、超ビックリして、「詳しく教えてください!」って言って、あれこれ詳しく教えてもらいました。
1.通話はできないけどネットは使えるサービスを利用する。
2.ヤフオクで業者から中古スマホを買う。
これを聞いて、僕の頭の中、大激震が走りました。「天変地異が起こった!」と思いました。ホント、「そんなことあるのか!」って、めちゃ衝撃を受けました!
「スゴイ裏技教えてもらった!」って感動しました。
で、僕もヤフオクで業者が売ってる中古スマホを買い、ネット専用のサービスを利用して、スマホを使い始めました。
中古スマホは6000円ぐらいでした。ネット専用のサービス(データ専用SIMカード)は月500円。ビックリするぐらい快適で、自分の人生大幅に良い方に進みました。
今は、月500円とかの安いサービスは流行してますが、僕が教えてもらったのは、流行前だったので、ホント、「神からの啓示かな?」って思いました。「福音だ!」って思いました。
で、会う人会う人に「僕のスマホ月500円!」って言いまくりました。
「みんな知らないんじゃないのか? 知らないのは不幸。言わないのは罪。言わなきゃ!」って思って、言いまくりました。
教えてくれた人の顔とか名前とかはもう忘れましたが、たぶん神の化身です。

2018年10月9日 火曜日 おいなり

見た目問題

肌荒れ

ひきこもりから脱出して、ひきこもりの支援団体(サポステとか居場所とか自助グループとか)の利用者に誘われて、ひきこもりのイベントに行きだした頃、ひきこもりのイベントじゃないけど、ひきこもりと同じ弱者のことを扱ったイベントにも誘われて行ったことがあります。
ひきこもりは社会的に弱者ですが、弱者はひきこもり以外にもたくさんいます。
で、そのイベントで、いろんな弱者の人が出てきて、自己表現するんですが、結構感動しました。
「へー、社会にはいろんな人がいるなあ」って思いました。テレビや新聞などで、そういう人の存在を知っていましたが、実際に目の前で見て、声を聞いて、その表現を鑑賞するのは初めてだったので、雰囲気も感じられてかなりリアルで、思いっきり心に響きました。
一番心に響いたのは、「見た目問題」とかいう問題を持った人の、演劇でした。
「見た目問題」っていうのは、顔に腫瘍があったり、やけど跡があったりで、あんまり人に顔を見せられない問題のことなんですが、僕はそういう問題があるってことを知らなかったので、その演劇を見たときはかなり衝撃を受けました。
しかも、その演劇は、見た目問題で苦しむ人の気持ちとか思いとかを表現したものだったので、「結構困ってるんだなあ」って思って、感情移入しました。
演劇、一人芝居なんですが、その質はかなり高く、思いっきり引き込まれました。
「相手がそういう問題を持っている人だから、同情していい評価をする」とかじゃなくて、純粋に質がかなり高かったです。声とか動きとかがめちゃリアルで、思いっきりそういう人の気持ちを表現できていたと思います。かなりそれは伝わってきたし。
そのイベント、大阪の高槻市ってところの「富田ふれあい文化センター」でやってたものなんですが、ホント、行ってかなり良かったです。誘ってくれた人を、「神かな?」って思いました。
皆さんの、ビックリしたこと、感動したこととかあったら、「お昼です!」の会場で教えてください。

2018年10月2日 火曜日 おいなり